アルゼンチン人コーチが語る「こんな無様な日本代表では、もうコパ・アメリカからお呼びがかからない!」

0-4でチリに敗れた日本代表(写真:ロイター/アフロ)

 実兄のピチは、あのディエゴ・マラドーナと共にワールドユース東京大会(1979年)で世界一となった右ウイング。息子は現在、京都サンガ所属のエスクデロ競飛王。自身は、元アルゼンチンユース代表&ビーチサッカーアルゼンチン代表であるセルヒオ・エスクデロ。今、エスクデロは、埼玉県に発足したクラブチームFC Futureで指揮を執っている。

 その彼が、コパ・アメリカ初戦で大敗した(0-4)日本代表について語った。

==============================================================

 チリ戦の日本代表は酷過ぎましたね。いいところがまるでありませんでした。まぁ、僕はこのメンバーでコパ・アメリカに出場することに違和感を覚えていたので、大敗することは目に見えていましたが…。それにしてもお粗末でした。

 原口元気、酒井宏樹、乾貴士なんかが出ていたら違っていたと思います。ベストのA代表を出せないにしても、槙野智章や長谷川アーリアジャスール等、国内組でも戦える選手はいるんです。何故、こんなメンバーでコパ・アメリカに挑んだのか、理解に苦しみます。敢えて言うなら、日本はコパ・アメリカを舐めていますね。

撮影:著者
撮影:著者

 日本メディアは久保建英をさかんに「日本のメッシ」と表現し、騒ぎ立てていますが、コパ・アメリカに出場した選手の中では平均以下のレベルでしょう。<バカ騒ぎ>としか映りません。確かに日本人の中では非常にいい選手です。チリ戦でもシュートまで行けたし、スルーパスも出せました。でも倒れるシーンも多かったですよね。彼がレアル・マドリードの下に決まったことは誇らしいですし、日本人の中では可能性も感じさせますが、まだレアルの1軍でプレーできる選手ではありません。

 僕は久保を見ていて可哀想になります。飛び級、飛び級じゃなくて、同年代の国際大会で光らせて、それからU20、五輪と上がっていけば良かった。マラドーナは1978年W杯アルゼンチン大会でメンバーから漏れましたが、翌年のワールドユース東京大会で世界中に名を轟かせたでしょう。その後は78年の優勝メンバーを差し置いて、A代表の背番号10になったんです。久保は、いきなりコパ・アメリカの先発で使うよりも、アジア大会くらいのレベルで20分くらい出してあげて、徐々に育てた方が良かったように感じますね。まぁ、今更ですがね。

 チリが、コパ・アメリカを2連覇中の強豪であることを考慮しても、今日の試合を見る限り、ウルグアイ戦もまったく期待できません。僕の祖国の仲間は「こんな代表を送って来て、日本代表はコパ・アメリカの価値が分かっていない!」と憤慨しています。それが当たり前の感情ですよ。

 あまりに内容が乏しければ、もう日本はコパ・アメリカ呼んでもらえなくなりますよ。本当に哀しくなりました。