「4月1日からロックダウンに入る」チェーンメールが『LINE』を中心に出回る。デマなので注意

『Twitter』では3月28日にチェーンメールの転載を確認。筆者キャプチャ

 「4月1日からロックダウン(都市封鎖)に入る」とのチェーンメールが、『LINE』などのメッセージアプリを通じて出回っています。注意してください。

情報元はテレビ局や総理秘書など複数

 出回っている内容は次のとおり。

民放各社にも連絡が入ったようで、今晩 or 明日の晩に安倍総理の緊急会見があり、4/1からロックダウンという発表があるとのことです。期間は二週間~三週間で長引く可能性があるのでは...という見立てのようです。テレビ局のプロデューサーからの情報なので、かなり確度高い情報かと思います。

 早い話が「テレビ局では4月1日からロックダウンに入るとの情報が流れています」という話です。

 ちなみに情報元がテレビ局プロデューサーではなく、大手企業の取締役や安倍総理の秘書になっているものもありました。

 でもこれ、デマなんですよ。

SNSでの初出は3月28日。緊急会見で発表はありませんでした

 デマだと判断できる理由は簡単で、このチェーンメールがSNSに転載されたのを確認できる日が3月28日だからです。

 『LINE』でいつから流れていたかはわかりませんが、ネット上で確認できるのは3月28日です。

 そして今日は3月30日です。チェーンメールには「今晩 or 明日の晩に安倍総理の緊急会見があり、4/1からロックダウンという発表がある」とありましたが、3月28・29日ともにそんな発表はありませんでした。

 むしろ3月28日に開かれた安倍総理の記者会見では、「今の段階においてはですね、緊急事態宣言ではありません」との認識が発表されていました。

 つまりチェーンメールにあった「民放各社にも連絡が入ったようで、今晩 or 明日の晩に安倍総理の緊急会見があり、4/1からロックダウンという発表がある」はありませんでした。

 はい、デマです。

 新型コロナウイルスの感染が広がるなかで不安に思っている人も多いでしょうが、このチェーンメールは「発表されるよ」という内容が「発表されなかった」わけですので、デマだと判断できます。ご注意ください。

3月30日18時10分追記

 この記事を書いてからニュースを見てみたら、菅官房長官が「事実はない」と否定されていました。

菅義偉官房長官は30日午後の会見で、政府が緊急事態宣言を4月1日に宣言するとのうわさがネット上で広く流布されていることに対し、そのような「事実はない」と明確に否定した。

出典:緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない=菅官房長官 - ロイター

 というわけで公式にも否定されました。