人気YouTuberラファエルさんアカウント停止。エロや過激な動画がBANの原因か

白いマスクが特徴のラファエルさん。YouTubeより

 チャンネル登録者数が200万人以上の人気YouTuberラファエルさんが、『YouTube』のコミュニティガイドライン違反を理由に1月22日付でアカウントを停止(BAN)されました。

 ラファエルさんはサブチャンネルで「アカウント削除について、誠に申し訳ございませんでした。」との動画をアップ。

 アカウント停止の理由については説明していませんが、謝罪動画で「エロ系や怪しい企業案件は一切やりません」、「クマと戦ってみた」、「ランボルギーニにひかれてみた」、「他人の後頭部をバットでフルスイングで殴ってみた結果」といった過激な動画をやめると伝えているため、これらの動画が『YouTube』のコミュニティガイドラインに違反していると判断されたものだと思われます。

 『YouTube』は1月15日(米国時間)に危険なチャレンジやいたずらに関する動画を禁止するようコミュニティガイドラインを変更しており、上記で挙げられた動画がこれらのポリシーに抵触したものと考えられます。

 過激な動画をアップすることで注目を集めるYouTuberは、今後続々とアカウント停止に追い込まれていくことでしょう。同じようなことをして人気YouTuberを目指そうとしている方は考え直すことをおすすめします。