【独占】ガンバ大阪・韓国人トリオ特別座談会「僕たちのJリーグ生活」

ガンバ大阪でプレーする韓国人トリオ(撮影:『スポーツソウル』)

J1リーグのガンバ大阪には現在、3人の韓国人選手が所属する。

ロンドン五輪で銅メダルを獲得したあと、2013年にやってきて大阪生活7年目を迎えたオ・ジェソク(呉宰碩)、2017年6月に来日し昨季は16得点を挙げてJリーグ・ベストイレブンにも輝いたファン・ウィジョ(黄義助)、そしてかつてJリーグでプレーし中国・超級(スーパー)リーグでの6年半の経験を経て、今季からガンバ大阪の一員となったキム・ヨングォン(金英権)の3人だ。

オ・ジェソクとキム・ヨングォンはともに1990年生まれの同級生でロンドン五輪・銅メダルメンバーであり、ファン・ウィジョとキム・ヨングォンは現役韓国代表でもある。

「強いガンバ大阪復活のために」(オ・ジェソク談)に力を合わせて大阪で生きる韓国人Jリーガートリオが語る「日本」「Jリーグ」そして「韓国代表」とは?

(取材協力/『スポーツソウル』)

―今季から新たににキム・ヨングォン選手が加わり、ガンバ大阪に韓国人Jリーガートリオが誕生しました。ジェソク選手、移籍の知らせを来たときは?

オ:「ヨングォンが大阪に来るかもしれないという報道と接したときから、来ればいいなぁと思っていました。歳も同じだし、一緒に2012年ロンドン五輪を戦った仲間ですからね。当時はヨングォンがJリーグでプレーしていて、僕はKリーグでプレーしていたのですが、僕の元にガンバ大阪からオファーがあったとき、“Jリーグってどう?”とヨングォンに助言を求めたこともありましたね。そんなヨングォンがガンバに来ると聞いて、運命じみたものも感じましたね」

ファン:「僕は素直に嬉しかったですよ。アジアカップ期間中にヒョン(日本語で「兄」という意味)から直接聞いたのですが、“ガンバはいいチームですよ”と猛烈にプッシュしました(笑)」

キム:「僕としては同級生のジェソクもいるし、代表でよく知るウィジョもいたので、ガンバ大阪のオファーを断る理由もありませんでした。安心して大阪に来ましたよ」

(参考記事:G大阪入りのキム・ヨングォン、移籍が「選択」から「必須」になった理由

―ヨングォン選手は実に6年半ぶりのJリーグ復帰です。転校生のような感覚ですか? それともかつての母校に戻ってきたような感覚ですか?

キム:「後者のほうですね。とても期待して日本に戻ってきました。Jリーグは面白いサッカーをしますし、各チームの実力が拮抗していてレベルも高いですから。開幕してまだ1カ月足らずですが、Jリークの水準も6年半前よりも高まった印象です。それでいて日本サッカー本来の特長であるパスサッカーというスタイルは変わらず、その質がリーグ全体として高まった印象です」

オ:「キャンプのときから感じたのですが、ヨングォンの適応能力の高さには驚きました。6年半ぶりの日本なのに、日本語もしっかり覚えていてチームメイトとも問題なくコミュニケーションを取っていますからね」

ファン:「ほんと、僕よりも日本語が上手なのですから立場ないですよ(苦笑)」

―日本の生活文化はいかがですか? 昔、大宮アルディージャ時代に取材したとき、「スーパー銭湯の脱衣所に掃除スタッフの女性が入ってきて服も脱げず戸惑った」と苦笑いしていましたが?

キム:「そんなこともありましたよね(笑)。あのときは僕もまだ21~22歳と若かったから。関西で暮らすのは初めてですけど、日本の生活に関してはまったく問題ないです」

オ:「でも、大阪の夏は暑いから覚悟したほうがいいよ。7年目になるけど、大阪の暑さだけにはまだ適応できない(苦笑)。湿気が多くて、本当に蒸し暑いから」

―オ・ジェソク選手は来日1年目にインタビューしたとき、「炊事・洗濯なんて韓国時代はしたことがなかったから大変だ」と困っていましたが、今では?

オ:「毎日やりますよ。最初の頃は2~3日経つと部屋がとんでもないことになっていましたが(笑)、今では毎日やりますよ」

ファン:「さすがジェソク先輩は何事にも誠実だ(笑)」

キム:「僕も家事は手伝うよ。FC東京や大宮アルディージャ時代も一人暮らしだったので炊事・洗濯はしていたし、妻に家事や育児を任せっきりにするのは大変だから、できるだけ手伝うようにしています」

―キム・ヨングォン選手の愛妻家ぶりは韓国のバラエティ番組でも紹介されましたよね。独身2人とは別行動ですか?

(参考記事:韓国代表の“美女パートナー”を一挙紹介。ソン・フンミンの恋人は人気アイドル!? 【PHOTO】

3人:「いやいや(笑)。ほぼ毎日、いつも一緒にいますよ(大笑)」

オ:「練習が終わったら一緒に食事に出かけたり、3人で道頓堀に出かけたり、神戸まで足を伸ばしてヴィッセル神戸の(キム・)スンギュも合流して4人で食事をしたり。ヨングォンは大阪が初めてなので、街の案内がてらいろいろと出かけるんです。ただ、まだ3人揃ってスーパー銭湯に行ったことはないですね(笑)」

ファン:「ジェソク・ヒョンは大阪のことならなんでも知っているんです。それも、自ら行ったり挑戦してみて良かったものだけを厳選して紹介してくれるから(笑)」

キム:「ウィジョの言う通りですよ。ジェソクは“サッカーしか知らない模範生”だとばかり思っていたけど、実は好奇心旺盛でチャレンジャーでもあって驚いた(笑)。大阪の街にもいろいろと詳しくて助かっている」

ファン:「やはり、同郷の選手が一緒にいると心強い部分はありますよね。僕が初めてガンバに来とき、かなり緊張して来たんですよ。プロになって移籍するのは初めてでしたし、それも海外でしたから。ジェソク・ヒョンがいてくれて本当に助かりました」

オ:「ウィジョのことは僕だけではなく、チーム総出で歓待したからなぁ。ガンバは韓国でプレーしていたウィジョにかなり前からラブコールを送っていて、移籍が実現するまで2年半くらいかかったんですよ。期待していた待望の選手ですから、それこそ特別待遇ですよ(笑)、特別待遇」

ファン:「来たばかりの頃はジェソク・ヒョンに頼りっきりでしたよね。言葉もわからず、道もわからず、それこそ何を食べていいかもわからなかった。ジェソク・ヒョンがいなかかったら、僕は飢え死にしていたかもしれない(笑)。それくらい右も左もわからなかったので」

―ジェソク選手は早いものでガンバ大阪7年目です。これまでも多くの韓国人選手が日本に来ましたが、同一クラブでこれほどまで長くプレーした選手は珍しい(セレッソ大阪の金鎮鉉が最長11年目)。来日時、ここまで長く在籍すると思っていましたか?

(参考記事:今だからこそ知りたい!! 韓国人Jリーガー、あの人たちは“いま”

オ:「まったく予想していませんでした。ただ、今となってはガンバ大阪というチームも、大阪という街にもとても愛着があり、僕にとっては特別な場所です。振り返ると、特に2014年に三冠を達成したことによって、ガンバ大阪に対する愛着がより一層深まり、長くガンバ大阪でプレーしたいという気持ちが強くなったような気がします。そのガンバをふたたび強くしたい。その気持ちが7年も大阪にいる、一番の理由ですね」(つづく)