新たな“韓流ゴルフ女神”ユ・ヒョンジュはなぜ日本女子ツアーを目指すのか【直撃インタビュー】

インタビューに快く応じてくれたユ・ヒョンジュ

イ・ボミ、キム・ハヌル、そしてアン・シネと、日本女子ツアーで大きな人気を集める韓国女子ゴルファーは少なくない。そしてまた1人、新たに日本女子ツアー参戦を目指す韓国女子ゴルファーがいる。

去る8月29~31日に行われたファーストクォリファイングトーナメント(QT)を通過した、ユ・ヒョンジュだ。現在は10月31日から始まるセカンドQTを目前に控えている。

1994年2月28日生まれの彼女は現在、24歳。2012年4月の韓国女子ゴルフツアー「ロッテマート女子オープン」でプロデビューしているが、未だに優勝経験はない。現在は韓国女子ツアー2部にあたるドリームツアーでプレーしている。

“ゴルフ女神”、“次世代セクシーゴルファー”

実力からすれば大きな注目を集める理由は少ないかもしれないが、ユ・ヒョンジュの韓国における注目度は非常に高い。そのルックスと美ボディから韓国メディアが“ゴルフ女神”、“次世代セクシーゴルファー”といった修飾語をつけるほどだ。

(参考記事:写真30連発!! “次世代セクシーゴルファー”ユ・ヒョンジュは、アン・シネを超えられるか

そんな彼女が海を越えて日本に渡り、QTを受けている。日本女子ツアーに参戦したい理由は何か。それを直接聞いてみたくなり、彼女の故郷でもある水原(スウォン)に飛んだ。

待ち合わせ場所のゴルフ練習場で待機していると、「記者さん、お久しぶりです」とユ・ヒョンジュが声をかけてきた。韓国で対面してのインタビューは今回で2回目となるだけに、前回よりもお互いリラックスした雰囲気だ。

(参考記事:【日本初独占インタビュー】話題の次世代“ゴルフ女神”ユ・ヒョンジュに直撃!!

さっそくファーストQTの感想から聞いてみた。ユ・ヒョンジュはファーストQT初日をトップと1打差の5位タイで終えると、最終的に14位タイで通過。彼女にとっては、初めて日本でゴルフをプレーしたことになる。

「日本のゴルフ場は韓国より管理がしっかりしている印象でした。グリーンの管理もしっかりしていましたし、コースもそれほど長くなかった。韓国との違いはありましたが、まったく違うとは思わなかったですね。特別に大きく驚いたということもありませんでした」

韓国女子ゴルファーは日本のコースについて、よくフェアウェイが狭い、グリーンが小さいと表現するが、ユ・ヒョンジュはそれほど違いを感じなかったという。

「そもそも日本でゴルフをしたのは、まだQTの1回だけなので(笑)。日本のゴルフ場について話せるほど経験もないですし、もうちょっと経験してから特徴をつかみたいです」と付け加えた。

ただユ・ヒョンジュはゴルフ場よりも、日本と韓国のゴルフ文化の違いに驚きを感じたという。

「日本では、クラブハウス内のレストランで帽子を取らないといけないのですね。韓国のゴルフ場にはないマナーでした。髪の毛に帽子の跡がついているのに…と思いながらも、ちゃんと取りましたよ。

あとプレー前に“お願いします”と言う体験も初めてでした。選手ごとに自分が打つ前に“お願いします”と言って、みんながそれに応えるんですよ。最初は“これは何?”と戸惑いましたが、私も日本語で“お願いしまーす”と挨拶しました(笑)」

日本と韓国のゴルフ文化の違いに戸惑ったのは、ユ・ヒョンジュだけではないだろう。というのも今年は例年以上に、QTを受ける韓国人選手が多かったからだ。

(参考記事:“次世代セクシークイーン”ユ・ヒョンジュが日本女子ツアーに参戦!? 韓国QT受験者倍増のワケ

来年から日本女子プロゴルフ協会がQT出場資格を改めるためだが、それによって韓国人選手がQTを受けられないという情報が、韓国女子ゴルファーたちの間に口コミで広がったようだ。ユ・ヒョンジュも「口コミで広がってみんな知っています。私もそれがあって日本挑戦の時期を早めました」と話している。

韓国美女ゴルファー“神セブン”のひとり、キム・ジャヨンも「日本でプレーしたい」と語っていたが、来年以降は日本挑戦が難しくなるかもしれない。

それにしても、そもそもなぜ彼女は日本でプレーしたいと考えているのだろうか。率直に聞いてみた。

「まず、ゴルフ選手として韓国だけでプレーするのはもったいないし、引退するまでに海外ツアーに挑戦したいという気持ちがもともとありました。そのなかでも日本は、実際にプレーしている選手たちの評価が特に高かったんです。

ファンの方たちも素晴らしいし、プロゴルファーとして気持ちよくプレーできると。そんな話をあまりにたくさん聞くので“私も一度行ってみたい”と。選手たちのフィードバックが決定打でしたね。キム・ハヌルオンニ(お姉さん)もそう言っていました」

そんな日本女子ツアーに参戦するためにQTを受けて、ファーストQTを無事通過したユ・ヒョンジュ。彼女は日本という国自体に対しても好印象を持っているようだ。次回はそんな彼女が受けた日本の印象や素顔に迫ってみよう。