車椅子バスケットボールのリオ予選、「リアル」の井上雄彦氏がバックアップ

9日に始まった車椅子バスケットボール男子の強化合宿に訪れた井上氏(写真:伊藤真吾/アフロスポーツ)

人気漫画家の井上雄彦氏が、車椅子バスケットボール男子の強化合宿に訪れ、リオを目指す選手たちを激励した。

男子に3枚、女子に1枚のリオ切符が与えられる「三菱電機2015IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップ千葉」が、10月10日(土)に千葉ポートアリーナで開幕する。

井上氏は、「SLAM DUNK」の連載終了後、車椅子バスケットに出会い、1999年から車椅子バスケットを題材にした「リアル」の連載をスタート。パラリンピックやその予選なども取材している。

アジアオセアニアチャンピオンシップの開催にあたり、千葉モノレールの車体ラッピング、車内ポスター、数量限定で来場者に配布する日本代表応援ブックなど、「リアル」とコラボしたプロモーションを展開する。

及川晋平日本代表ヘッドコーチは「絶対に負けられない予選になる。井上先生のポスターを見て、多くの観客に来てもらい、日本代表を後押ししてほしい」と力強く語った。

男子は、オーストラリアが頭抜けており、イラン、韓国、日本が残る2枠を争う接戦が予想される。「ロンドン予選で韓国に薄氷の勝利だった。最近は韓国に負けているが、ホームで日本の強さを見せてほしい」と井上氏。

また、健常のバスケットボールで日本代表アシスタントコーチを務めた経験がある東野智弥氏も、コーチとして及川ヘッドをサポートする。

日本のバスケットボール関係者が総力を結集し、リオ予選を盛り上げる。