ロシアメディアが投稿したムッソリーニの逆さまの写真、Facebookが削除

ムッソリーニ(写真:ロイター/アフロ)

制服を着たムッソリーニの逆さまの写真を削除

ロシアのメディアのRTが運営しているデジタルコンテンツプロジェクトのRT’s Redfishというのがある。歴史的事件などの貴重な映像や写真をデジタルで紹介している。そのRT’s Redfishが4月28日にFacebookにイタリアのファシストのムッソリーニの写真を掲載したら、Facebookによって削除された。

1945年4月28日はムッソリーニが処刑された日でRT’s Redfishはその日を記念してムッソリーニを逆さまにした写真を掲載していた。ムッソリーニは処刑後に、見せしめのために逆さづりにされていたので、逆さまの写真を掲載していたのだろう。RT’s RedfishがFacebookに掲載したのは、処刑後の死体を逆さづりをされた残虐な写真ではなく、制服を着たムッソリーニが逆さまで映っている写真だ。

だが、その制服を着たムッソリーニが逆さまで映っている写真がFacebookによって削除された。同じ写真がRT’s Redfishのツイッターにも掲載しているが、ツイッターでは削除されていない。ロシアのメディアRTがFacebookに削除理由を求めているが、回答は得られていない。

▼ロシアのメディアRT’s RedfishがFacebookで削除された写真(ツイッターでは削除されていない)

▼ロシアのメディアRT’s RedfishがFacebookに削除されたことを伝えるツイート

アウシュビッツ絶滅収容所の収容者の写真もヌード・性的理由という理由で削除

RT’s RedfishがFacebookで削除されたのはこれが初めではない。1月27日のアウシュビッツ絶滅収容所解放を記念してアウシュビッツ絶滅収容所での写真を掲載したところ、強制収容所の収容者が洋服もなく上半身裸で映っている写真がFacebookから「ヌード・性的理由(nudity and sexual activity)の投稿でガイドラインに違反している」ということで削除されたことがあった。

▼ロシアのメディアRT’s RedfishがFacebookで削除されたアウシュビッツ絶滅収容所の写真(ツイッターでは削除されていいない)