ロシア、プーチン大統領:AI技術発展に伴う「倫理面でのルール」作りの必要性強調

(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

 ロシアのプーチン大統領は2019年11月にモスクワで開催されたAI(人工知能)イベント「AI Journey conference」に登壇。そこでプーチン大統領はAI技術の発展には「倫理面でのルール」「モラルのルール」を整備していくことが必要だと訴えた。プーチン大統領は「AIを搭載したロボットが発展するにつれて、人間の関与が安全確保のために必要である。社会でのAI技術の活用に向けた倫理面、モラルの観点からの議論は行われており、今後もそのような議論を行っていくことはとても重要である」とコメント。

 さらに「人間こそが最高の価値を持っている。AI技術はあくまでも技術であり、人間ではない。AIのプロフェッショナルたちのコミュニティやAI技術を開発したり使用する企業において、人間とAIの倫理面でのルールを設定することが重要になる」と述べた。またプーチン大統領は「我々のメインゴールは持続可能な社会の構築と、人間とAIによる調和のとれた発展であり、それらが人間生活の質を向上し、市民に新たなチャンスを与えることになる」と語った。

 プーチン大統領は2017年9月には、ロシア国内の16,000の学校で新学期を前に「AIの分野でリーダーになれる者が世界のリーダーになれる」と学生たちに向かって述べていた。現在、ロシアだけでなくアメリカ、中国、イスラエルなど世界中で軍事でのAI活用が進められており、AI技術を搭載した兵器が開発されている。AI技術を搭載した兵器は自律型殺傷兵器(Lethal Autonomous Weapon Systems:LAWS)、キラーロボットの開発に繋がり、人間の判断を介さずにキラーロボットが標的を判断して攻撃をしかけることが懸念されている。この分野における倫理面、モラルの観点からの議論と国家間でのルール作りは今後、重要になっていく。

 AI技術の開発では、軍事面、民生品の活用ともにアメリカと中国が圧倒的に強い。さらにインドやイスラエルなども発展している。AI技術開発においてロシアは米中から大きく引き離されている。プーチン大統領は2019年10月にロシアで2030年までのAI技術開発の国家戦略プランを承認。同プランでは、ロシアにおけるAI技術の開発の加速化、AIサービスの可能性の拡大とAI人材の育成を強調。2030年までにAIを人間の知的活動と同等の機能・レベルにして行動をできるようにすること、そのための技術的なソリューションを提供することを明確な目標として設定している。