ボーイング、「空飛ぶタクシー」の飛行試験に成功

(ボーイング)

 ボーイング社が「空飛ぶタクシー」の離陸飛行の試験を成功させた。「空飛ぶタクシー」とは、パイロットが不要で自動で目的地まで飛行する乗り物で、自動運転の次の移動手段として世界中で多くのメーカーが参入し、試験を行っている。「空を飛ぶ」から飛行機だが、英語では「flying taxi」と呼ばれており、個人が空を飛んで移動することが想定されている。

 今回、ボーイングは垂直離陸飛行に成功。ドバイなどが「空飛ぶタクシー」の導入に向けては積極的だ。導入に向けては、法制度や離着陸の問題など解決しなければならない課題も多いが、「空飛ぶタクシー」の実現が着実に近づいてきている。

▼ボーイング社が公開した動画