韓国、いっこうに減少しない「歩きスマホ」マンホールに女性が転落する事故も

(写真:アフロ)

 韓国での歩行者の事故の6割が「歩きスマホ」に起因するという韓国の報道があった。KBS Worldが報じているので下記に引用しておく。

「歩きスマホ」 歩行事故の6割占める

歩きながらスマートフォンを操作するいわゆる「歩きスマホ」が原因で発生する歩行中の事故が、全体の6割を占めていることがわかりました。

保険会社の三星(サムスン)火災によりますと、2014年から2016年の間、損害保険会社に報告された「歩行中の不注意による事故」の数は合わせて6340件に上りました。

なかでも、歩行中のスマートフォンの操作が原因で発生した事故の割合は全体の61.7%を占めているということです。

また、歩きスマホによる事故で負傷した人の5割を10代と20代の若者が占めていたほか、事故の71%が午前8時から9時までの時間帯で発生しています。

出典:韓国 KBS World(2018年5月14日)

「歩きスマホ」でマンホールに転落事故も発生

 韓国では日本よりも早くスマホが普及し、現在でも多くの人がスマホに夢中で、「歩きスマホ」も日本以上に問題になっている。

上にあっても目に入らないから、道路にも標識を設置したが・・・
上にあっても目に入らないから、道路にも標識を設置したが・・・
「歩きスマホ」注意喚起の標識 (Ed Jones)
「歩きスマホ」注意喚起の標識 (Ed Jones)

 ソウルでは2016年6月から「歩きスマホ」の注意喚起をした標識をソウル市内5カ所に試験的に300本設置した。標識には「歩行中のスマホに注意」と書かれていた。たくさんの標識を街中に設置していたが「歩きスマホ」で、神経はスマホに集中しているため標識は目に入らないだろう。そのためスマホを見ながら歩いていても、目に入るようにと、道路にも「歩きスマホ」注意喚起の標識を設置した。

 だが標識の効果はほとんどなかったようで、韓国での「歩きスマホ」はいっこうに減少していない。2018年4月には、ソウルで「歩きスマホ」をしていた20代女性がマンホールに転落して、足に怪我をする事故が発生。

50代以上の中高年の「歩きスマホ」も急増

 韓国KBSの報道では、事故の7割が朝8時から9時までということだが、朝の通勤・通学時に「歩きスマホ」をしているのだろう。負傷した人の5割が10代と20代の若者とのことだが、2017年夏には、50代以上の中高年の「歩きスマホ」が急増していると、韓国の現代海上交通気候環境研究所が調査結果を発表した。

 

 また2016年末に韓国の統計庁が発表した「韓国の社会動向」によると、スマホ過剰依存危険群は2011年には8.4%だったが、2015年には16.2%、2016年には17.9%と急増していることも報じられていた。また韓国の交通安全公団は、歩行中にスマホを使用していると事故発生率が76%上昇する調査結果も発表している。

 韓国でも「歩きスマホ」に対していろいろと対策を講じて、注意喚起を行ってはいるものの、老若男女、あらゆる人々があらゆる場所でスマホを見ながら歩いている。