Googleスウェーデン、「ホロコースト」と検索すると「反ユダヤ主義」のサイトが上位表示で炎上

スウェーデンでのネオナチ団体によるデモ(写真:ロイター/アフロ)

 ホロコーストとは第2次大戦時にナチスドイツがユダヤ人ら約600万人を殺害したこと。現在でも「ホロコーストはなかった」と主張する、いわゆる「ホロコースト否定」などが議論になっている。

Google「現在、対応中」

 そして2018年3月、スウェーデンのGoogleで「ホロコースト」と検索すると「反ユダヤ主義」や「ネオナチのプロパガンダ」、「ホロコースト否定」などに関するサイトが上位で表示されていた。スウェーデンのネオナチ団体「Nordic Resistance Movement」のブログも上位に表示されていた。スウェーデン在住のユダヤ人らが気がつき、スウェーデンでは炎上している。

 2018年3月12日にはGoogleが検索結果について、対応することを明らかにした。GoogleスウェーデンのスポークスマンのFarshad Shadloo氏は「我々も問題に気がつき、検索結果表示の見直しを対応をしている最中です」とコメントしている。

 Googleでは2016年12月に、「ホロコースト」を検索すると「ホロコースト否定」の記事やサイトが上位に表示されていたことから、検索アルゴリズムの見直しを行った。そのため「ホロコースト」で検索をしても、「反ユダヤ主義」や「ホロコースト否定」などの攻撃的なサイトが上位に表示されることは減少した。

 Googleの検索では結果が表示される上位のサイトにアクセスが集中する。そのため、検索結果で上位に表示されると、情報拡散の影響力はかなり大きい。スウェーデンの地元メディアは、Googleが検索の新たなアルゴリズムを導入したことによって、検索結果の表示が変わったのだろうと報じている。

「ナチズムは言論ではない。人類に対する犯罪だ」

 反ユダヤ主義の監視を行っている団体サイモン・ウィーゼンタール・センターは「Googleの問題について、スウェーデンの当局はヘイトスピーチの問題について再考すべきだ」とコメント。

 スウェーデンの法務大臣Morgan Johansson氏は地元の公共テレビ局SVTのインタビューに対して「我々には言論と表現の自由がある。しかしナチズムは言論ではない。人類に対する犯罪だ」と述べていた。

▼スウェーデンでのネオナチ団体「Nordic Resistance Movement」によるデモ(2017年9月、RT)