Netflix、独自制作ドラマが人気で2017年も好調:米国外でも安定した収益の確立

(写真:Shutterstock/アフロ)

米国外での収益も安定してきたNetflix

 Netflixは2018年1月22日に2017年第4四半期(2017年10~12月)の業績を発表した。売上高は全世界で前年同期比売上高は33%増の32億8,575万ドル(約3,800億円)で、純利益は2.7倍の1億8,551万ドルだった。2017年での年間売上高は116億9,300万ドル(約1.3兆円)。

 この3か月で全世界で833万人の利用者を獲得。特にアメリカ国外での利用者が636万人増加と伸びが堅調だった。全世界190か国で展開しているNetflixだが、1年前まではアメリカ国外事業では赤字だったが、収益も安定してきた。

Netflixの四半期ごとの業績推移。Netflix発表資料を元に作成
Netflixの四半期ごとの業績推移。Netflix発表資料を元に作成
Netflixの四半期ごとの加入者推移。Netflix発表資料を元に作成
Netflixの四半期ごとの加入者推移。Netflix発表資料を元に作成

業績を支えるNetflixの独自ドラマ

 好調な業績の要因として独自制作ドラマの「The Crown(ザ・クラウン)」や「Stranger Things(ストレンジャー・シングス)」が世界規模で人気だった。また2017年Q4には「Godless (ゴッドレス-神の消えた町)」といった新作もリリースし、これらの人気も高い。Netflixが独自ドラマを制作開始して5年目になるが、2年連続で世界中で検索されたドラマのトップ5のうち3作品がNetflixの独自ドラマだった。

 2017年12月にディズニーが21世紀FOX(FOX)のエンタメ事業を約661億ドル(約7.4兆円)で買収することを明らかにした。その際にもディズニーのライバルとしてNetflixの名前がアメリカのメディアや投資家の間で上がっていた。それだけ従来からのメディア企業もNetflixの存在を無視できなくなっている。それはNetflixの動画コンテンツが視聴者を惹きつけているからだ。

 Netflixは2018年にはオリジナル動画のコンテンツ制作費用として70億ドル~80億ドル(約9,000億円)を投資することを明らかにしている。新しい動画コンテンツは、新規利用者の獲得と既存利用者のつなぎ止めには非常に重要で、新作品の制作費用の投資は止めることができない。

 アメリカではケーブルテレビ(CATV)の解約は続いているが、Netflixのような有料課金動画サービス(SVOD:Subscription Video On Demand)の加入者は増加している。Netflixのような動画サービスは、スマホで誰もがすぐに契約して視聴することも可能だが、解約も簡単にできる。そのため、加入者をどれだけつなぎ止められるかが重要になる。そしてつなぎ止めにとって鍵となるのが動画コンテンツだ。

 例えば、話題になった動画や新作を見たいためにNetflixに加入した人は、見終わったらすぐ解約してしまうかもしれない。解約されないためにも「次も見てみたい」と思わせるコンテンツをどれだけ多く配信しているかが問われる。

▼新作「Godless (ゴッドレス-神の消えた町)」も好調