レジ不要、購入したら帰るだけ:アマゾンがシアトルで「Amazon Go」を2017年にオープン

スーパーで並ばなくても良い時代がやってくる

アマゾンは2016年12月5日に、アメリカのシアトルで「Amazon Go」というスーパーマーケットを2017年はじめにオープンさせる。新しいスーパーマーケットにはレジがない。

欲しいものを購入して帰るだけ。精算はスマホで

新型スーパーマーケット「Amazon Go」の買い物方法は以下の通りだ。

1. 利用者はまずスマホでアプリをダウンロードしておく。

2. 店舗入り口でスマホをかざして店舗に入る。

3. 欲しい商品を棚から選ぶ(この時、仮想カートに商品が追加される)。

4. そのまま店舗を出るだけ。

5. 購入した総計金額が計算されて課金され、レシートがアプリに届く。

下記にアマゾンが公開している動画をアップしておく。アマゾンでは「Just Walk Out」と名付けている。

「Amazon Go」を来年初めにオープン

レジ不要の未来型店舗

アマゾンは4年前から、このような無人スーパーマーケットを検討していたそうだ。「Amazon Go」での買い物では、コンピュータビジョンやセンサー、ディープラーニングなど自動運転車と同じ技術を活用しており、買い物客が棚から商品を選んだり、戻したらそれを自動認識して、仮想カートでも商品の追加と削除を瞬時に行う。買い物後にアマゾンのアカウントで請求処理がされて、アプリにレシートが届く。

買い物したら商品を持って出てくるだけでよい。レシートはスマホに(アマゾン)
買い物したら商品を持って出てくるだけでよい。レシートはスマホに(アマゾン)

「Amazon Go」は買い物したら瞬時に計算して精算も行うので、レジに並ぶ必要がなく、欲しいものを購入したらすぐに帰れる。スーパーマーケットのレジでの行列にストレスを感じている人は多いだろう。特にセール時やポイントが倍増する時のスーパーのレジは長蛇の列になることがある。このようなストレスから解放されるから、忙しい人にはぴったりだ。万引き防止につながる可能性も高い。

但し、初めての人が「Amazon Go」で購入するには事前にアプリでの登録が必要なので、ちょっとシアトルに立ち寄った人が「Amazon Go」で買い物するには不便かもしれない。

サンドウィッチを作っているのは人間(アマゾン)
サンドウィッチを作っているのは人間(アマゾン)

なくなるレジ打ち

現在でも無人で精算できるレジの店舗も国内外にあるが、アマゾンが発表した「Amazon Go」は本格的だ。これからこのような無人型のスーパーマーケットが主流になると、スーパーのレジ打ちという仕事も不要になる。スーパーには商品を仕入れたり、店舗を管理する人、サンドウィッチなど食事を作る人だけがいればよくなるのだろう。

機械であれば疲れることもないし、人間よりも間違いも少ない。そして人件費がかからなくなる分、スーパーでの販売価格も安くなることも期待される。