ファーウェイ、ソフトバンクホークスとスポンサー契約を締結:目指す日本国内でのブランド認知

内川聖一選手とファーウェイ・ジャパン の呉波氏

華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)は、 福岡ソフトバンクホークスと2016年度シーズンのチームスポンサー契約を締結した。 本契約により 「ファーウェイ」のロゴが右側にデザインされたソフトバンクホークスのキャップが、 2016年3月25日の公式戦開幕日より使用される予定。

ともに世界一を目指す

ファーウェイ・ジャパンはソフトバンクホークスの活躍を応援するとともに、「通信技術を通じて人々の生活を豊かにする」という同社のサービスを、 より多くの方々に知っていただくきっかけになればと考えている。またファーウェイもソフトバンクも「世界一を目指す」というビジョンがお互いにあり、その志に共鳴したため、スポンサー契約に至った。さらにホークスは「2年連続日本一」という強さだけでなく、ファンサービスも積極的で、全国的な人気と多くの女性ファンが多いので、ホークスと一緒に活動することで、ファーウェイのブランド認知向上も狙っている。

画像

世界で1億台のスマホ出荷のファーウェイ

日本ではまだファーウェイの名前や商品は馴染みが薄いかもしれないが、NTTドコモにはタブレット、キッズ携帯、WiFiルーターなど、ソフトバンク(Y!mobile)には携帯端末、WiFiルーターなど、KDDIにはルーターとタブレット、UQにはルーターを提供している。

日本での展開はまだ大きくはないが、世界規模で見ると、中国に拠点を置くファーウェイは2015 年のスマートフォン出荷台数は、前年度比44%増の1 億800万台となり、1億台を超えた。同社はNokia、サムスン、Appleについで、年間1億台の端末を出荷した史上4番目の企業となった。中国企業としてはで初の1億台突破である。

世界1位のサムスンは3億台以上、2位のAppleは2億台以上のスマートフォンを出荷しており、ファーウェイは次いで3位であり、この上位3位はもはや世界のスマートフォン出荷の上位常連の3社である。

同社のスマートフォン出荷台数は2010 年には300 万台のみだったが、 この5 年で30 倍になり、2014 年末で170 以上の国で同社の製品及びサービスを提供している。現在でも毎月1,000万台以上の出荷があり、その勢いは止まらない。特に西欧、中東や中南米などの市場で人気が高い。特にブランド認知度はヨーロッパで大幅に伸びていおり、欧州やアジアなどではファーウェイの端末やロゴをよく見かける。展示会などでも非常に目立っている。

これから、ソフトバンクホークスのキャップにファーウェイのロゴが付与される。プロ野球ファンだけでなく、テレビのスポーツニュースや新聞でホークス選手の活躍を通じてもファーウェイのロゴが多く登場することが期待される。

画像