マレーシアのレストラン「Wi-Fi はありません。レストランではスマホを忘れて食事を楽しもう!」

マレーシアの首都クアラルンプールにあるイタリア料理レストラン「Antonio」がちょっとした話題になっている。

そのイタリア料理レストランには「無料Wi-Fi」がないのだ。

「Antonioにいる間は、ただ会話を楽しんでね」と書かれている。2012年2月の地元の新聞記事で「マレーシア人はスマホ中毒になっており、家族で食事中にもほとんど会話がないことが問題になっている」ことを引用している。さらに、最後にはこう書かれている。

「Talk.Laugh.Eat.Enjoy(話して、笑って、食べて、楽しもう)」

レストランで食事中には会話を楽しんで、食べるという、考えてみれば、当たり前のことである。

(クアラルンプールのレストランAntonioでのWi-Fiに関する注意書き)
(クアラルンプールのレストランAntonioでのWi-Fiに関する注意書き)

■あらゆるところで無料Wi-Fiが利用できるマレーシア

マレーシアでは、レストラン、コーヒーショップ、ファーストフードだけでなく、デパートやショップ、大学など多くの場所で無料Wi-Fiが利用できる。多くの人がレストランやコーヒーショップにはWi-Fiを利用してインターネットにアクセスしに行くと言っても過言でないくらいだ。

(マレーシアのバーガーキングでは簡単に無料Wi-Fiが利用可能で若者に人気がある)
(マレーシアのバーガーキングでは簡単に無料Wi-Fiが利用可能で若者に人気がある)

そして店舗でも、お客様獲得のために無料Wi-Fiを提供しており、無料Wi-Fiが設置されているのが当然のようになっている店が多い。そして多くの人が、そのような店でスマートフォンでインターネットにアクセスしながら、スマートフォンの画面を見つめながら食事をしている。家族や友人同士で来ても、それぞれがスマートフォンをいじっていて、会話がないというのはよくある光景だ。

だから、イタリア料理レストランでWi-Fiがないことが逆にニュースになるのだ。Wi-Fiがないレストランでも友人や家族で来て、スマートフォンの画面を見つめている人も多い。これはマレーシアだけの話ではないだろう。日本でも世界の多くの国で見かける光景である。

1人で行くファーストフードやコーヒーショップではスマートフォンの画面を見つめているのも仕方ないだろうが、家族や友人との食事の時くらいは、家族や友人との会話を楽しみながら食事に集中したいものである。

そしてスマートフォンは汚い。スマートフォンを触った手で、パンなどを手で取って食べない方がよい。次は「スマホを触った汚い手を洗ってから食事をしてね!」という注意書きが世界中で登場してくるかもしれない。

(クアラルンプールのモスクでも無料Wi-Fiが利用可能)
(クアラルンプールのモスクでも無料Wi-Fiが利用可能)
(クアラルンプールのギャラリーでも無料Wi-Fiが利用可能)
(クアラルンプールのギャラリーでも無料Wi-Fiが利用可能)

▲マレーシアではレストランやショップ以外でも多くの場所で無料でWi-Fiへのアクセスができる。