約3年ぶりに登場した「iPod touch」とAppleにおける位置付け

(写真:ロイター/アフロ)

Appleは2015年7月、約3年ぶりに携帯音楽プレーヤー「iPod touch」の販売を開始する。2001年に販売開始されたiPodは、2012年9月に第5世代のiPod touchが登場し、今回で第6世代目となる。

■Appleにおける「iPod touch」の位置付け

Appleの製品別の売上と出荷台数の中でiPodが占める割合は非常に小さい。Appleの売上のうち約70%をiPhoneが占めている。一方でiPodは1%未満である。そして2014年まではiPodの売上と出荷台数を公表していたAppleだが、ついに2015年第1四半期からはiPodのみでの数字は公表しなくなり「その他の製品」の中に入れられてしまい、Apple TVやアクセサリーなどと一緒に売上高のみのカウントとなった。

Apple全体の中でのiPodの出荷も売上も非常に少ないものの、2012年9月からiPodの新製品が登場していないにも関わらず2014年の1年間に全世界で1,400万台以上出荷されている。

▼2014年の四半期毎のApple製品別の出荷台数と売上高

画像

(Apple発表の決算資料を元に作成)

今回、iPod touchの新製品が約3年ぶりに登場するが、この製品の登場によってAppleの製品別の売上構成が大きく変化することはないだろう。Appleにおける売上も出荷も引き続きiPhoneが圧倒的だろう。

なぜなら携帯音楽プレーヤーであるiPodはiPhoneのように通信事業者が販売してくれない。iPhoneが日本や世界でこれだけ販売されているのは、AppleやiPhoneのブランド力やデザインが好きという人も多いが、そのほとんどは通信事業者が例えば「2年縛りの契約プラン」などと一緒にiPhoneの端末を販売してくれるから、ユーザーは低価格でiPhoneを入手できるからである。そのモデルで世界中でiPhoneを販売してきたが、iPodにはその販売モデルは通じない。

特にAppleはブランド力維持のためにiPhoneを世界中で同じ端末を同じ価格で販売しているので、新興国ではiPhoneは高すぎて購入できるのはほんの一部の富裕層のみである。iPhoneが無くても誰も困らない。世界中の多くの人にとってiPhoneであれAndroidであれ、スマートフォンなんて基本的には何だって同じなのだ。新興国の地場メーカーが開発したスマートフォンでも音楽は十分楽しめる。

このようにスマートフォンでも音楽が聴けるようにもなった現在、音楽を聴くならスマートフォンがあれば十分という人も多いだろう。Apple Musicもスマートフォンで楽しめる。

携帯音楽プレーヤーはスマートフォンのように数年おきに買い替えをしないし、iPhoneのように通信事業者による押し売りのような販売もされない。今でも10年くらい前のiPodを利用している人はたくさんおり、それでも音楽を聴くには十分という人が多い。携帯音楽プレーヤー「iPod touch」はこれからどうなるのだろうか。

画像

(Apple)