東宝はなぜ『#シン・ゴジラ』を庵野秀明氏に託したか~東宝 取締役映画調整部長・市川南氏インタビュー~

『シン・ゴジラ』パンフレットの最初の見開きには庵野秀明氏の熱いコメントが

※この記事は映画の重要な部分についてネタバレがある。映画をまっさらな気持ちで見たい方は、ぜひ観賞後に読んでください。

私は7月30日、公開2日目に『シン・ゴジラ』を見に行って衝撃を受け、その日のうちにこんな記事を書いた。

→日本のスクラップ&ビルド、東宝映画のスクラップ&ビルド 『シン・ゴジラ』(Yahoo!個人/7月30日)

この記事では触れなかったが、エンドロールに出てきた「製作 市川南」のクレジットを見て秘かに歓喜した。市川氏は以前宣伝部にいて、コピーライターとして私は仕事をご一緒したことがある。その後、映画調整部に移ってヒット作をプロデュースしていたことは知っていたが、このゴジラのリニューアルというヘビーな作業も市川氏が指揮していたのは感激だ。そこで、十数年ぶりに市川氏にお会いし、『シン・ゴジラ』誕生についてお話をうかがった。そのインタビューのエッセンスをここでみなさんに読んでいただきたい。東宝の伝統を背負うゴジラをいかに刷新したか、いろんな意味で参考になると思う。

市川氏は、東宝の映画調整部長であるとともに制作会社・東宝映画の社長も兼務している
市川氏は、東宝の映画調整部長であるとともに制作会社・東宝映画の社長も兼務している

---ゴジラの復活は、長らく配給に重心を置いていた東宝が、自社制作ももう一度力を入れていく大きな宣言だと受けとめました。

戦略的にそうなったと言うよりも・・・実は私はゴジラのプロデューサーをやるのはイヤだったんですよ(笑

『ゴジラ FINAL WARS』が2004年で、私は直接の担当ではなく少しお手伝いしてましたけど、思うように興行があがらずそれを機にお休みしてしまいました。ハリウッド版が出たのがおととしですから、2014年、10年ぶりに世に出してもらって。そのレジェンダリー版が発表になった頃から社内では「もう一回やったらどうだ」という話もでてきて、聞かないようにしてたんですけど(笑

でもよく考えると、レジェンダリー版が世界中で大宣伝してくれた後なら、十年休んでてもスタートラインが楽になるかなと思いました。日本の若者もゴジラを認識してくれてやりやすいかなあと、レジェンダリー版の二年後にやろうとなったんです。

---『ゴジラ FINAL WARS』をやって、もう日本のゴジラはおしまいなのかと思ってました。

決めたわけでもなかったですが、やる気運が起こりませんでしたね・・・でも世代交替も進んで先人たちの”型”を守ることもできなくなった分、まったく新しいゴジラに挑戦できそうな空気も出てきました。

最初のゴジラ以外は全部ゴジラが一度来た設定なんですよね。84年の『ゴジラ』は今度のとすごく似てるんです。小林桂樹さんが総理大臣で、アメリカとの関係とか、比べるとすごく似てます。だけど最大の違いは、ゴジラが過去に来た世界なんです。

で、庵野さんと樋口(真嗣)さんとは「いまの日本にゴジラがはじめてきたらどうなるか」をやろうと。3.11を経験した日本に、ゴジラが来たら面白いですよねえと。それが最初に決めたことなんです。

---ここでいちばん知りたいのは、東宝がゴジラを庵野秀明氏に託すことにした経緯なのですが・・・

2013年にジブリの鈴木(敏夫)さんが庵野さんと食事会をしてくれたことがありました。鈴木さんが帰られたあと、庵野さんを送りながら「ゴジラって興味あります?」って言ってみたら「まあ、興味ないでもないですねえ」と言ってくれたんですね。これは脈ありだなと思ってしばらくして二人で会って、話がはじまっていったんですよ。

---持ちかけたってことは「庵野さんにやってもらえたら」と言うより、積極的にやってほしい!と声をかけたんですね!

プロデューサーがプロット作って脚本作って監督を誰か選んで、特技監督選んで、っていうと、いままでの延長線になるなあと思ったんです。誰かクリエイターに最初から頼んだほうが早いかなあと(笑

---それにしても庵野さんというのは、リスクと言うか、奇抜なゴジラになりはしないかとの懸念はなかったですか?(笑

シネバザール(制作会社)のプロデューサーに間に入ってもらったんですが、その時はもう樋口さんと尾上(克郎)さんがいてくれたんで三人監督で、みたいな気持ちでした。庵野さんが脚本だけで樋口さんが監督、ということでもいいかなとか、保険をかけたわけですね。(笑

庵野さんがどこまでやってくれるのか、プロットだけなのか。そしたら脚本も書くっていうし、現場も総監督だっていうし。

---結果、庵野さんはのってくれたわけですね

いちばんのったパターンですね。脚本作りも「大人向けにしよう」と、女性とか子どもとか意識しない、と言われて、こちらも腹をくくりました。(※記事末尾に注あり)

一作目に極めて近いのをやりたい、主人公は政治家にしますと。我々としては恋人がいたほうがいい、長谷川博己さんと石原さとみさんは元恋人にしましょうとか言ったんですけど、庵野さんはそういうのどんどん排除していって、人物たちのバックボーンは描かない脚本になりました。ハリウッド映画だと絶対そういうサイドストーリーとかあるわけですけどね。きわめてストイックな政治家だけの話になりました。

脚本の細部にも徹底的にこだわって、政治家にも官僚にも取材し、小池百合子さんにも取材してましたね。首相官邸や危機管理センターにも行って取材するんですけど写真は撮れないそうで、スタッフが持っていた鞄で距離を測ってセットに再現しました。

---政治家と官僚のやりとりもすごいリアリティありますよね。

普通で言えば3時間分の脚本になって、いよいよ本当に監督をお願いする時に、あらためてぜひやってください、でも2時間にはおさめてくださいと言ったら、わかりました、撮れますよ、なぜなら早口で言わせるから、と答えました。たぶん、1.5倍くらいの速度でしゃべっていて、だから入ったんでしょうね。

撮影でもこだわって、画面をミリ単位で指定するし、カメラ複数で撮るし、ものすごい早口を俳優に要求するし、アニメを作る感覚と同じだったんですよ、100%自分でコントロールするような作り方で。CGの仕上げも半年間大勢で作業して、庵野さんのOKいつ出るかってみんなでやきもきしてましたね。

出演者も多いが、スタッフもすごい人数だ。パンフレットに小さな字で詰め込んでいる
出演者も多いが、スタッフもすごい人数だ。パンフレットに小さな字で詰め込んでいる

---作る側として、ゴジラという東宝の看板スターを、あんな風にしちゃってどうだったんでしょう。最初に出てくるもこもこ這うやつがキモチ悪くて(笑

あれキモチ悪いですよねえ(笑

---ええほんとうにキモチ悪くて、ゴジラはこいつと戦うのかな?と思ってたら・・・東宝人としてどうだったんですか?あるいは同僚や上司の方々が、ゴジラがああいうことでいいのかとか。抵抗感なかったですか?

私はありましたよ。手だって小さすぎるんで、大きくしてもらって、造形はもちろんすごくチェックしましたね。ただしっぽがこれくらい必要だとか、非常に説得されました。抵抗感はありましたけど、まあそれやんないと変わんないかなあと思って(笑

生物体として庵野さんがおかしいって言うんですよ。あんなでかいのに二本足で立ってるってのも。完全生命体だから自分で進化できる設定にして、進化する過程で直立してるんだってことで説得されちゃいました。社内も、世代も変わってるんでそれに対する異論はほとんどなかったですね。十年作ってないから、過去のゴジラの呪縛が解けた時期だったんでしょう。

---正直私は公開時に期待してなくて、予告編みてもゴジラあんまり出てこないし面白いのかわからなくて。でも土曜日の朝になったらtwitterで初日に見た人たちが大騒ぎでつい見にいったんです。肝心なものは何も見せないあの宣伝は議論がなかったでしょうか。

これまでのゴジラ映画の宣伝は段階を経て、公開までに全部見せちゃうものでした。庵野さんは、エヴァンゲリオンでは何も見せなかった、試写もやらなかったと言うんです。それでうまくいったんですよね。

結果としては完成披露試写会だけはやったり、記者会見やって少しだけ見せましたね。あの最初の予告編は庵野さんが自分でつくったんです。宣伝部がやりたいというので、もう少し見せてるのも作ったんですけどね。

---庵野さんじゃないとここまで斬新なゴジラはできなかったのでしょうね。

庵野さんは「ぼくは専門はウルトラマンです」って言っていて、ゴジラはそこまでのめりこまなかったらしく、そこもよかったのかもしれないですね。岡本喜八監督の『日本のいちばん長い日』が大好きでその手法を取り入れたかったそうなんです。ものすごく細かいカット割りで、ものすごい情報量。凝縮する実写映画にしたかったんでしょうね。

---オールドファンとしては頭の中にあるのとはちがう、まったく新しいゴジラができちゃった、というのが驚きでした。庵野さんの『シン・ゴジラ』の次は、別のクリエイターの『続・シン・ゴジラ』とかもあるかもしれないですね。

いや、考えたりしてますよ(笑

東宝にとって宝物のゴジラだからこそなかなかリニューアルしにくいのを、思い切って庵野氏に託したから新しいものにできたこと、タイミングも今しかなかったことなど、いろんな意味で参考になる話だと思った。なにより、日本映画がまた面白くなっていきそうでうれしい。

一度見た人も、このインタビューを読むともう一度見ていろいろ確かめたくならないだろうか。ちなみに私も二回見たが、このお盆にもう一回見てしまう気がしている。『シン・ゴジラ』は、ただでさえ熱い今年の夏を、さらに熱くしてしまったようだ。

※追記注釈

「大人向けにしよう」という部分と「女性と子どもは意識しない」という部分について、「大人に女性は入らないのか」と一部の方に指摘を受けています。普通に読めばそう誤解されて当然であり、配慮が足りなかったことを筆者として反省しています。

「○○向けにする」と「△△を意識しない」は違うレイヤーのことを言っています。「大人向けにする」は決して女性を除外するものではなく、男性女性両方とも含めて大人向けにする、という意味だと思います。そのうえで「女性を意識しない」のは、「女性を意識するあまり恋愛の要素を無理に加えない」という意味で、「子どもを意識しない」ので「ストイックな政治家だけの話になった」ということです。つまりすぐあとの段落と繋がった内容です。

54年の第一作の『ゴジラ』がまさに「大人向け」であり、庵野氏はこの一作目へのリスペクトから今回の作品も構想したのでしょう。またその後のゴジラシリーズがどんどん「子ども向け」になっていったので、そうしない宣言だと言えます。さらにハリウッド映画では、例えば昨年ヒットした『ジュラシック・ワールド』でも主人公たちの恋愛関係が明確に描かれています。ハリウッドでも日本でも、常に幅広い層に映画を見てもらうために当たり前のようにこうした脚本づくりをしますが、それもしたくない、という意味での「女性とか子どもとか意識しない」との言い方になっていると思います。

そうしたことは業界内しか通じない話ですが、市川氏が説明なしで語った事柄を、筆者として一般の方にもわかるような言い方にせずにそのまま掲載してしまいました。

この記事は業界内向けに一度まとめたロングインタビューを、Yahoo!に短縮版にして掲載したのですが、その際に配慮した加筆をできていませんでした。受け止め方を想像できていなかったことは、文章を書く者としてお恥ずかしい限りです。

なお、この点について、上記の私の説明よりよほど客観的かつ明確に書かれた文章があります。Atsushi Miyazaki氏がnote上に書いておられるものですが、非常に参考になりまた作品の理解もより深まる文章だと思いますので、ぜひ参考にお読みください。

→「東宝市川氏のインタビューから見える、庵野監督の語る「大人向けにしよう」の意味~シン・ゴジラで描かれなかった事~」8/12付け note 掲載