新時代ライトウエイト・シングルスポーツ「ジクサー250」がライダーにもたらす福音とは!?

SUZUKI「ジクサーSF250」 記事内画像出典:Webikeニュース

スズキのフルカウルスポーツモデル「ジクサーSF250」が4月24日に、ネイキッドタイプの「ジクサー250」が6月17日から国内発売される。どんなモデルなのか、あらためてその魅力をまとめたい。

最新テクノロジーが詰まった油冷単気筒

高効率・低燃費の新開発SEPエンジン
高効率・低燃費の新開発SEPエンジン

ジクサー250シリーズは昨年の「東京モーターショー2019」で公開された新世代の250ccスポーツモデルだ。一番の注目点は新開発の油冷単気筒エンジンを搭載していること。油冷で単気筒?と聞くと旧式のイメージを持たれがちだが、実はこれが凄くてMotoGPのテクノロジーが詰め込まれている。

スズキは昔から旧GSX-Rシリーズで培った油冷システムが得意だったが、新型ジクサーに採用されているのは従来の燃焼室上からエンジンオイルを噴射する方法ではなく、水冷のウォータージャケットのようにヘッドまわりにオイルを循環させて冷却効率を高める新方式を採用。また、ピストンに特殊コーティングをしてフリクション低減を図ることで高回転・高出力かつ優れた燃費性能も実現している。エンジンレイアウト的にも単気筒でしかもSOHC(カムシャフトが1本)ということで軽量コンパクト化できるメリットも大きい。

▲「ジクサー250」マットプラチナシルバーメタリックNo.2/マットブラックメタリックNo.2
▲「ジクサー250」マットプラチナシルバーメタリックNo.2/マットブラックメタリックNo.2

GSX250Rより2psパワフルで20kg軽い

スペック的にも優れている。たとえばジクサーSF250の最高出力は26ps/9000rpmで車重は158kg(ジクサー250は154kg)となっているが、参考までにもう一方のスズキの250スポーツで並列2気筒のGSX250Rと比べるとパワーで2ps上回り、車重は逆に20kgも軽い。こうした数値からも加速性能の良さが予測できる。

▲「GSX250R」トリトンブルーメタリックNo.2
▲「GSX250R」トリトンブルーメタリックNo.2
▲「ジクサーSF250」トリトンブルーメタリック
▲「ジクサーSF250」トリトンブルーメタリック

クルマやバイクの専門誌でよく聞くパワーウエイトレシオという言葉がある。これは重量出力比と呼ばれるもので重量を馬力で割った値で算出される。簡単に言うと、1馬力で何kgを動かしているかということ。この数値が低いほどパワーウエイトレシオに優れると言い、加速性能を表すひとつの指標になっている。

ジクサーSF250のパワーウエイトレシオは6.0でGSX250Rの7.4に比べても数値的に優っていると言える。参考までに250ccでもスーパースポーツと呼ばれる2気筒勢のパワーウエイトレシオは、YZF-R25(4.8)、Ninja250(4.4)、CBR250RR(4.3)とさすがに水をあけられるが、そもそも立ち位置が異なるこれらのマシンと横並びで比べることは無意味だ。

スポーツと実用性を兼ね備えたファンバイク

ジクサー250シリーズは手軽にスポーティな走りを楽しむライトウエイトなファンバイクであり、ジクサー150ベースの軽量コンパクトな車体はコミューターとしての利便性も兼ね備えている。一方GSX250Rはというと、ゆったりとした大柄な車体でツーリング向きのGSR250をベースとするなど、異なるキャラクターの出自を持っている。それはディメンションを見ても明らかで、ジクサー250はホイールベースが1345mmであるのに対しGSX250Rは1430mmと10センチ近く長く、キャスター角も同じく24.20度に対して25.35度と寝ている。つまりジクサー250のハンドリングは軽快・俊敏で、GSX250Rのほうが安定志向ということだ。その意味では、もしかしたらGSX250Rのほうがロングツーリング向きかもしれない。

ライトウエイト・シングルスポーツが復活か

▲「ジクサーSF250」マットブラックメタリックNo.2
▲「ジクサーSF250」マットブラックメタリックNo.2

また、価格面でもジクサーSF250は48万1,800円(ジクサー250は44万8,800円)と、CBR250RR(80万3,000円~)、Ninja250(65万4,500円)、YZF-R25(61万500円~)と比べて圧倒的にリーズナブルで、GSX250R(54万8,900円)に比べても割安感がある。さらに燃費の良さも抜群でリッター当たり2名乗車で45.0kmも走るなど、コスト面でも多くのメリットが見えてくるのだ。

性能競争が激化し先鋭化著しい最近の250スポーツモデルの中にあってジクサーSF250/250のような独自の方向性を打ち出しているモデルは希少である。バイク本来の軽快な乗り味を楽しむ「ライトウエイト・シングルスポーツ」という、古くて新しいコンセプトの復活はライダーのすそ野を広げる意味でも喜ばしいことだろう。

※原文より筆者自身が加筆修正しています。

出典:Webikeバイクニュース