東京はソウルに比べて感染状況が悪いのに本当に大丈夫なのだろうか?

韓国防疫の英雄」鄭銀敬・中央防疫対策本部本部長(中央防疫対策本部HPから)

 日本は今日(19日)から4連休だ。秋の行楽シーズンの到来だ。折しも政府の観光支援事業「Go To トラベル」の割引を適用した東京発着旅行の予約が解禁された。来月1日からは東京も「Go To トラベル」の適応対象となる。

 韓国も今月30日から10月4日まで秋夕(中秋節)の連休に入る。例年ならば、民族大移動が始まるところだ。ところが、「韓国防疫の英雄」と称されている新型コロナウイルス対策の責任者である鄭銀敬(チョン・ウンギョン)中央防疫対策本部本部長は「秋冬は最も大きなリスクだ」と述べ、国民に連休中の帰省や旅行の自粛を呼び掛けている。

 最新の世論調査(15-17日)によると、当局の自粛要請に応え、韓国国民の81%が「帰省や旅行の計画がない」と答えていた。帰省を計画している人は16%いたが、1泊以上の旅行を計画している人は僅か1%に過ぎなかった。

 信号機に例えるならば、日本は「青」が点滅し、なんとなく「レッツゴー」の雰囲気となっているようだが、韓国は極めて慎重で依然として「赤」のままだ。日韓の感染状況を比較すると、本来ならば立場は逆で、アクセルを踏んでも良さそうなのは韓国であって、ブレーキに足を掛けるべきは日本のような気がしてならない。

 韓国の感染者は9月17日現在、累計で2万2783人なのに対して日本の感染者は7万7511人。総人口では日本(約1億2590万)は韓国(約5180万人)の2.4倍程度なのに感染者数は日本のほうが3.4倍も多い。死亡者数も韓国の377人に対して日本は1490人と、韓国の3.9倍である。明らかに感染状況は日本のほうが悪い。

 双方の首都を比較すると、その差は歴然としている。

 ソウル市の感染者は9月17日現在、4904人。これに対して東京都は2万3608人。ソウルの4.8倍だ。東京(約1400万人)の人口はソウル(約1000万人)よりも約400万人多いことを勘案しても4.8倍は明らかに多すぎる。死亡者に至ってはソウルの46人に対して東京は8.4倍の389人。感染者、死亡者数のどれをとっても東京は分が悪い。

 それでも東京都は9月1日に警戒レベルを1段階引き下げ、9月15日から午後10時までの営業時間短縮要請も終了した。日本のプロ野球は今日から観客を球場収容人数の50%まで引き上げることができる。

(参考資料:(ソウルは警戒レベルを上げ、東京は下げた! 日韓「コロナ感染状況」の比較

 一方、ソウル市は8月15日に過去最多の154人の感染者が確認されたことから逆に社会的距離の確保のレベルを最高レベルの第3段階に近い2.5段階に8月24日から引き上げたままである。

 室内は50人以上、室外は100人以上が集まる会合、集会、行事はすべて禁止となり、展示会、コンサート、結婚式、同窓会、祝賀会、パーティ、講演、採用試験や資格試験なども禁止対象とされている。日本よりも2週間遅れの7月26日に観客を入れたばかりの韓国プロ野球は僅か20日で無観客試合に舞い戻っている。

(参考資料:ソーシャルディスタンスを最高レベルに引き上げか! 非常事態の韓国の「コロナ感染」状況 

 日本は警戒レベルを引き下げ、韓国は引き上げたわけだが、9月1日から17日までの感染者数を比較すると、ソウル962人に対して東京は2791人と、ソウルの2.9倍も多い。

 ソウルは三桁が1日(101人)の一度しかなかったが、逆に東京は二桁が7日と14日の2度しかなかった。また、11日から17日までの直近の一週間をみると、ソウルの314人に対して1164人と3.7倍である。

 それぞれ事情は異なるが、依然として東京はソウルよりも感染者の増加率が高いのに本当に大丈夫なのだろうか?

(参考資料:コロナ」で膨らむ韓国の借金 負債は71兆円に増大 国民一人当たり138万円の借金

東京生まれ。明治学院大学英文科卒、新聞記者を経て1982年朝鮮問題専門誌「コリア・レポート」創刊。86年 評論家活動。98年ラジオ「アジアニュース」キャスター。03年 沖縄大学客員教授、海上保安庁政策アドバイザー(~15年3月)を歴任。外国人特派員協会、日本ペンクラブ会員。「もしも南北統一したら」(最新著)をはじめ「表裏の朝鮮半島」「韓国人と上手につきあう法」「韓国経済ハンドブック」「北朝鮮100の新常識」「金正恩の北朝鮮と日本」「世界が一目置く日本人」「大統領を殺す国 韓国」「在日の涙」「北朝鮮と日本人」(アントニオ猪木との共著)「真赤な韓国」(武藤正敏元駐韓日本大使との共著)など著書25冊

有料ニュースの定期購読

「辺真一のマル秘レポート」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌ではなかなか語ることのできない日本を取り巻く国際情勢、特に日中、日露、日韓、日朝関係を軸とするアジア情勢、さらには朝鮮半島の動向に関する知られざる情報を提供し、かつ日本の安全、平和の観点から論じます。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    朝日新聞の印象操作に惑わされるな!~なぜ菅義偉首相著『政治家の覚悟』の一部は削除されたのか 安積明子10/22(木) 8:00
  2. 2
    「GoTo事務局の日当7万円」はミスリード。業務委託の人件費であり、働いてる人の実際の給料は半額ほど篠原修司10/21(水) 20:23
  3. 3
    アメリカで起きたレクサス暴走死亡事故 緊迫の通話記録と「制御不能」の恐怖柳原三佳10/21(水) 12:43
  4. 4
    <朝ドラ「エール」と史実>「鐘の鳴る丘」成功と復活の真相。実際の古関裕而は戦後すぐ活動再開していた?辻田真佐憲10/21(水) 8:15
  5. 5
    二つ玉低気圧通過後の週末からは広い範囲で行楽日和が続く饒村曜10/22(木) 4:00
  6. 6
    欲しい人にはほぼ普及ずみ? ゲーム機の所有・利用状況をさぐる(2020年公開版)不破雷蔵10/22(木) 9:01
  7. 7
    名門バレエ団の指導が、毎日の放課後に校内で受けられる 聖セシリア女子中学校・高等学校(2)おおたとしまさ10/22(木) 12:00
  8. 8
    元「ブルゾンちえみ」藤原しおりが勇気を出して声を上げたこと―アマゾン大炎上と肉を食べるということ志葉玲10/16(金) 12:01
  9. 9
    学校と保護者での押印廃止は、わざわざ文科省が「通知」で指示するようなものなのか前屋毅10/22(木) 7:30
  10. 10
    高校生4人が溺れた幕張の浜 ここで水難事故が続く謎 水難事故調レポート斎藤秀俊10/22(木) 10:00