阪神ファーム公式戦では35年ぶりの3者連続ホームラン!《5/31》

ウエスタン・リーグ記録に並ぶ、3者連続ホームランの口火を切った北條選手。

先週末の阪神ファームは中日との3連戦でした。最初の2試合はナゴヤ球場で行われ、まず29日は柴田選手の初回先頭打者ホームランや横田選手の1試合2発などで7対1と阪神が圧勝!30日は江越選手の2ランなどもあり、8回に5対5と追いついたのですが…その直後に二神投手が打たれ、さらに一二三選手のエラーで計4失点(自責は2)。9回に北條選手がリーグ単独トップに立つ6号2ランで追い上げたものの、9対7で中日の勝ちです。

リーグ7年ぶりの3者連続ホームラン!

そして1勝1敗で迎えた3戦目は31日、愛知県蒲郡市公園グラウンド野球場に場所を移して行われました。そこで、なんと!北條選手、江越選手、梅野選手のクリーンアップによる3者連続ホームランが飛び出しています。ウエスタン・リーグでは3者連続が最多記録。一番最近では2008年8月13日の広島-ソフトバンク戦(広島市民球場)の2回に、ソフトバンクの1番・城所選手、2番・福田選手、3番・小斉選手が広島の長谷川投手から放ちました。

余談ですが、この試合のソフトバンクは3回にも吉川選手と江川選手(長谷川投手から)、4回にレストビッチ選手(小島投手から)と全部で6本も打っています。この頃のソフトバンクのホームラン数はぶっちぎりでしたが、ボールも確かによく飛んでいた時代ですねえ。

よってウエスタン・リーグでは、それ以来7年ぶりのタイ記録でした。阪神タイガースのファームでは1979年と1980年に1度ずつあり、実に35年ぶりの快挙だったわけです。ただし、このあとに私も目撃した3者連続ホームランがあります。2006年9月30日に山形で行われたファーム日本選手権、1回に4番・喜田選手、5番・桜井選手、6番・藤原選手が、ロッテの成瀬投手から打ちました。でもこれは“公式戦”ではないので、記録には含まれません。

チーム35年ぶりの記録に並んだシーンを生で見られず残念。こういう記録って、なぜか本拠地以外で出るもんですね。昨年8月31日に横田選手が、リーグ11年ぶりでチーム17年ぶりとなる1試合3本を打ったのは姫路球場だったし。あ、あれも中日戦でしたね。それに監督や選手のコメントもご紹介できなくてすみません。でも北條選手には少しだけ話を聞けましたので、のちほどご紹介します。では試合結果をどうぞ。

《ウエスタン公式戦》5月31日

中日-阪神 14回戦 (蒲郡)

阪神 000 004 200 = 6

中日 010 000 001 = 2 

◆バッテリー

【阪神】○筒井(1勝2敗)-加藤-玉置-二神 / 小豆畑

【中日】●小熊(1勝2敗)(6回)-八木(2/3回)-朝倉(1回1/3)-石垣(0/3回)-金子(1回) / 桂

◆本塁打 森野1号ソロ(筒井)、北條7号2ラン、江越3号ソロ、梅野2号ソロ(小熊)

◆二塁打 谷、坂、遠藤

◆打撃 (打-安-点/振-球/盗塁/失策) 打率

1]左:柴田  (5-2-0 / 1-0 / 0 / 0) .360

2]二:坂   (5-1-2 / 2-0 / 0 / 0) .241

3]遊:北條  (4-1-2 / 1-1 / 0 / 0) .252

4]中:江越  (5-2-1 / 1-0 / 0 / 0) .291

5]指:梅野  (4-3-1 / 0-0 / 1 / 0) .391

〃打指:緒方 (1-0-0 / 1-0 / 0 / 0) .219

6]一:中谷  (4-0-0 / 1-0 / 0 / 0) .302

7]右:横田  (4-1-0 / 0-0 / 0 / 0) .191

8]三:西田  (4-0-0 / 0-0 / 0 / 0) .201

9]捕:小豆畑 (2-2-0 / 0-2 / 0 / 0) .193

◆投手 (安-振-球/失-自/防御率)

筒井 5回 79球 (3-3-0 / 1-1 / 3.45)

加藤 2回 25球 (0-2-0 / 0-0 / 0.00)

玉置 1回 17球 (0-2-0 / 0-0 / 5.60)

小嶋 1回 16球 (2-1-0 / 1-1 / 1.53)

試合経過

1回はともに三者凡退で立ち上がった両先発投手。2回も三者凡退に斬って取った中日・小熊に対し、先頭の森野にレフトへの1号ホームランを浴びた阪神・小嶋。後続は3人で退けたものの、先取点を許します。3回の攻撃は横田がピッチャーへの内野安打で出るも西田が二ゴロ併殺打。2死から小豆畑のショート内野安打、柴田の左前打で一、二塁と攻めますが得点なし。その裏の筒井は三者凡退でした。

4回は2死から梅野が右前打、しかし盗塁失敗。一方、谷が左翼線二塁打と井領の犠打で三塁へ進んだ中日ですが、筒井は後の2人を外野フライに打ち取って無失点。5回も阪神は三者凡退で、その裏の筒井は2死から溝脇に中前打されるも追加点を与えていません。

ところが6回、試合は大きく動きます。この回先頭の小豆畑が左前打で出塁、柴田と坂が倒れて2死になったあと北條がカウント2-2からの5球目、低めの真っすぐをレフトへ!場外へ飛び出したホームランは第7号の逆転2ランとなりました。さらに江越が1ストライクからの2球目、スライダーをレフト(左中間寄り)へ第3号!これだけでも大いに沸いたスタンドだったそうですが、この中日3連戦は5番を打つ梅野も2ボールからの3球目、真ん中低めに来たスライダーをレフトへ第2号!北條、江越は2戦連発です。

中谷が三振に倒れてリーグ新はならなかったけれど、タイ記録の3者連続ホームランで一気に4点を奪い逆転した阪神。7回は中日2人目の八木に2死を取られたあと小豆畑が四球を選び、柴田がサードのエラーで一、二塁となり、坂が左越えのタイムリー二塁打!これで2人が生還して6対1とリードを広げます。

8回は江越と梅野が連続の左前打で無死一、三塁、フライ2つで2死となってから梅野が盗塁を決めて2死二、三塁とするも西田は投ゴロで無得点。9回は小豆畑の四球と柴田の中前打、1死後に北條が四球を選んで満塁と最後も攻めた打線ですが、江越は二飛、代打・緒方は三振で3者残塁。

投手陣は筒井のあと加藤が登板して6回は内野ゴロ3つ、7回は2三振などで2イニングをパーフェクト!三振2つと内野ゴロ4つと完璧でした。ついで玉置が8回を2奪三振の三者凡退に斬って取り、9回の小嶋も…と思ったら、いきなり先頭の遠藤に右中間二塁打を浴びます。谷は三振で1死、しかし井領の時に暴投があり三塁へ進めた遠藤を、井領の左犠飛で還してしまいました。続く三ツ俣に左前打を許すも松井佑は右邪飛。横田がナイスキャッチで試合終了です。

3試合で4安打5打点の北條

3者連続ホームランは、最初にも書いた通り7年ぶりに出たウエスタン・リーグのタイ記録で、阪神のファーム公式戦では35年ぶりでした。まず口火を切った北條選手は「2人が続くとは思っていなかったです!ビックリしました!」と驚きを隠せません。5月10日の5号でソフトバンク・猪本選手に並びリーグトップの5号を打った北條選手。29日に横田選手が2本打って、5本で3人が並んでいた最多ホームランですが、北條選手が30日に6号で単独トップ、31日には7号の逆転2ラン。

「ボールは、きのうがちょっと高めの真っすぐ、きょうはちょっと低めの真っすぐです。きのうは打った瞬間に入ると思った。きょうのは“上がりすぎたかな?”って感じで、風でいきました!」と言います。蒲郡球場は中堅119メートル、両翼93メートルと、そう広くはありませんが場外まで飛んでいますからね。他の球場でも文句なしでしょう。昨年は2本、ルーキーイヤーは1本で、2試合連続はもちろんプロ初です。

これで2位とは2本差。ウエスタン最多本塁打を狙っとく?それより1軍で初ヒットを?と聞いたら「1軍で!」と即答でした。5月26日に今季初昇格した1軍では代打でプロ初打席を迎え、結果はファーストファウルフライ。次は西武戦、と思ったら今成選手の昇格に伴い29日に抹消されてしまったんですね。昨年に比べれば1日長い1軍滞在で、初打席も経験したとはいえ…29日のナゴヤ球場に姿があると聞いた時は驚きました。

その日はナイター明けということもあって途中出場で1打席のみ。翌30日は2番セカンドでフル出場して、タイムリー二塁打、中前打、6号2ランと3安打3打点!きのう31日が2ランという内容です。掛布DCも本人も言うように、もう少し打率を上げていくことが課題の北條選手。この勢いで2割8分まで打ちまくりましょうと言ったら「はい!」という返事が来ました。あすからのオリックス戦、鳴尾浜でも期待しています。早く1軍に戻るために。

横田も量産体制に?

おまけで、29日にナゴヤ球場で2本ホームランを打った横田選手の話も少し。この日は1回に中日・伊藤投手の真っすぐを右中間へ弾丸ライナーで放り込み、6回はライトのポール際へ第5号!朝倉投手からでした。中日の佐伯監督が、ファウルではないかと抗議に出たものの判定は変わらず。

知り合いの記者に教えてもらった、横田選手とのやり取りはこんな感じです。打撃練習で考えていることは?「遠くへ飛ばすことです!」。そのために意識しているのは?「(打つ時に)後ろでムダな動きをせず、バットを早く出すことです!」。きょうのホームランは何を考えて打ったの?「何も考えてません!」。期待通りの答えだったと笑っていました。冗談はさておき、昨年8月以降の雰囲気が出てきたとしたら、そろそろ量産体制に入るかも。楽しみですね。ぜひ鳴尾浜でたくさん打ってください。

もうひとつ西田選手のこと。5月10日のオリックス戦(東大阪)の9回に代打で出て右前打を放ったのが「24打席ぶりのヒット」とホッとした様子だった西田選手。ところが以降はまた打っていなくて…30日の中日戦で武藤投手から5回に右中間へ放った二塁打が、それ以来28打席ぶりのヒットでした。ちょうどナゴヤ球場でリハビリ中だった大阪桐蔭の先輩・平田選手に挨拶をした、その直後。よかったですね。これから桐蔭パワー炸裂といきましょう!