もと阪神の藤井宏政選手が中日ファームと対戦!社会人ベーブルース杯《5/2》

中日ファームと2年ぶりに対戦した藤井選手。伊藤準規投手から二塁打したところです!

このゴールデンウィーク、阪神ファームは遠征での6連戦が組まれています。きょう3日までは由宇での広島戦に1対0、2対1と1点差で連敗していた阪神。3戦目は5対5の引き分けで何とか3連敗は免れました。きょうは雨の中での試合だったようですね。そのまま福岡へ移動して、あすからはソフトバンク3連戦。2試合は雁の巣で、最後の6日は熊本県八代市で行われます。

大会が行われた岐阜県の長良川球場。
大会が行われた岐阜県の長良川球場。
出場チームや組み合わせが書かれたボード。
出場チームや組み合わせが書かれたボード。

さて、きょうは社会人野球の“もと小虎”の話題です。2日から岐阜県の2球場で開催中の『第68回 JABAベーブルース杯争奪 全国社会人野球大会』に、藤井宏政選手が所属して2年目のカナフレックスが出場。その初戦の相手が中日ドラゴンズのファームとあり、長良川球場まで行ってきました!中日は9年前くらいから毎年この大会に参加していて、優勝も2度あります。カナフレックスには手強い相手ですが、前半はなかなかの接戦。

藤井選手もマルチヒットで、島本投手の先輩・深瀬選手もヒットと盗塁を決め、一時は同点のホームを踏みました。先発の大西投手はピンチにも粘りのピッチングを見せていたんですが…後半につかまって8回コールド、中日の勝ちという結果です。

《JABAベーブルース杯》 5月2日

中日ファーム-カナフレックス

(長良川)

カナ 000 101 00 = 2

中日 010 013 04x= 9

※8回コールド

◆バッテリー

【カナ】●大西(6回)-井上泰(1回)-宮城(1/3回)-横田(0/3回)-中村(0/3回) / 田中-久保(8回裏)

【中日】伊藤(8回) / 赤田

◆本塁打 中:友永ソロ(大西)

◆三塁打 カ:稲森 中:友永

◆二塁打 カ:藤井 中:谷、古本

経過1 接戦だった前半

中日の先発は伊藤準規投手。相変わらず球が速い…
中日の先発は伊藤準規投手。相変わらず球が速い…
その伊藤投手から藤井選手は2回に中前打。
その伊藤投手から藤井選手は2回に中前打。

立ち上がりから150キロ以上を連発する中日・伊藤の前に1回は三者凡退だったカナフレックス打線。2回は1死から藤井がチーム初安打となる中前打を放ち、6番・稲森も右前打、飯田の一ゴロで2死二、三塁としましたが得点ならず。カナフレックスの先発・大西は1回に1安打1四球で1死一、二塁としながら4番の古本を見逃し三振、野本は右飛で無失点。しかし2回、赤坂の飛球をレフトが取り損ねて三塁まで進め、続く藤澤の右前タイムリーで先に失点しました。犠打と四球で2死一、二塁としたあとは1番の友永を三ゴロ併殺打。1点に抑えます。

4回、二塁打で出た藤井選手は1死後に飯田選手の中前打で生還!
4回、二塁打で出た藤井選手は1死後に飯田選手の中前打で生還!

そして4回、カナフレックスは1死から藤井が三塁線を破る二塁打で出塁。稲森の右飛で2死となるも7番・飯田が中前タイムリー!同点に追いつきました。その裏、野本に中前打を許し1死後に暴投もあって一、三塁とした大西。でも三ツ俣を投ゴロ併殺打に切って取り無失点。カナフレックスベンチは大いに沸きます。ところが5回、1死から友永に勝ち越しのソロホームランをライトへ放り込まれました。

経過2 追いついた直後に…

「島本どうですか?」と、この日も後輩のことをまず尋ねた深瀬選手。ナイスヒット!
「島本どうですか?」と、この日も後輩のことをまず尋ねた深瀬選手。ナイスヒット!
味方が再び同点に追いついた6回、キャッチボールをする大西投手。
味方が再び同点に追いついた6回、キャッチボールをする大西投手。

2対1とリードを許したカナフレックス。6回は先頭の深瀬が中前打を放ち、1死後に藤井の打席で二盗成功。藤井はフルカウントから一飛に倒れ2死となりますが、ここで稲森は右中間を深々と破るタイムリー三塁打を放って同点!なおも2死三塁で続く飯田の鋭い当たりは二直…。追い越すことはできないまま、ここまで粘りのピッチングでピンチをしのいできた大西がマウンドへ。

6回の中日には赤坂のショート内野安打(藤井、よく捕ったものの送球が低すぎた?)と連続四球で1死満塁とされ、9番・赤田が勝ち越しの犠飛、さらに友永の右越え三塁打で2人が生還。この回3点を失い、5対2と変わりました。大西はここまで。6回7安打5失点(自責4)で交代です。

経過3 古本にとどめの二塁打

7回のカナフレックスは2死から死球を選んだ今釜が盗塁失敗。その裏、大西をリリーフした井上は先頭の井領の中前打と盗塁(キャッチャーからの送球が高すぎ藤井はジャンプしても捕れず、その背後でセカンド山内がナイスキャッチ。ランナーはそのままでホッ)されますが、後続は外野フライ3つで追加点なし。カナフレックスも、続投の伊藤の前に8回は三者凡退でした。

4回表終了時のスコアボード。ここまではヒット数もカナフレックスの方が多かった…
4回表終了時のスコアボード。ここまではヒット数もカナフレックスの方が多かった…

その裏、3人目の宮城が藤澤の中前打と溝脇の内野安打、赤田の犠打、友永はストレートの四球で1死満塁として降板。代わった横田が谷と井領に連続で押し出しの四球を与え、2点が入って7対2。なおも1死満塁で投手は中村に交代します。次は4番の古本で、カウント1-1からの3球目をセンターへ…。満塁の走者を一掃し、自身も三塁に到達する中越えタイムリー!と思ったのですが、2者生還でコールドゲームでした。記録は古本の2点タイムリー二塁打で井領は三塁に残塁。9対2で8回コールド、試合終了です。

「いい経験をした」と河埜監督

昨年はチームを創設した初年度で、優勝すれば社会人野球日本選手権の出場権が得られる“対象大会”に出られなかったカナフレックスですが、今季はこの『JABAベーブルース杯大会』に初めてエントリーされました。同じブロックに日本通運、東邦ガス、中日ファームと強豪揃い。5回が終わった時のグラウンド整備中、カナフレックスの河埜敬幸監督は「藤井の二塁打、よかったでしょう?このあと彼が試合を決めてくれたら絵になりますよねえ」と笑顔だったんですけど、後半に大量点を奪われてのコールド負け。

ソロホームランと三塁打で2安打3打点の中日・友永選手。
ソロホームランと三塁打で2安打3打点の中日・友永選手。

試合後は「きょうはいい経験しました。バッティング、スイングの差、それをピッチャーもバッターも感じてくれたでしょう。私たちがヤイヤイ言うよりも、身をもって感じてくれるのが一番」という言葉でした。それでも見せ場があったのでは?「まだまだですよ。1点差、2点差くらいで終わらないと。中日さんのいいところが目立った。気を抜いたらダメ。甘さを感じたでしょう。プロのファームとも練習試合をお願いしているんですけどね。なかなか。強くならないと社会人チームからもオープン戦の声がかからない。やっぱり実戦ですよね。1試合1試合やっていって若い選手が育ってくれれば」

二塁打を放った藤井選手(左)のレガースなどを受け取るのも三塁コーチの河埜監督。
二塁打を放った藤井選手(左)のレガースなどを受け取るのも三塁コーチの河埜監督。

ケガをしていた主将・北條選手が4番に戻ってきて、藤井選手は5番・ショートでの出場でした。3打数2安打という結果に「この何日か当たっていなかったんですが、きょう打ってくれた。最初はいいところに飛んでセンター前、次の二塁打もよかったですね。最後は1死二塁でフライだったけど(苦笑)。この大会、アピールしろ!と言っているんですよ。売り込めと。前にも話したように、阪神は終わってしまったとしてもプロは他に11チームあるんだからってね」と河埜監督。

続けて「もっともっと表に出してほしい。ベンチ前で自らミーティングをやるくらいになってほしい。まだ遠慮していますね」とおっしゃいました。このところ少しまた“静か”になっちゃったみたいですね。藤井選手が輪の中心にいて大きな声でゲキを飛ばす…なかなか想像できませんけど、守備で声をかけたり指示を出す姿は明らかに昨年より堂々としています。なんせ“背中で引っ張る副キャプテン”ですからね。これからも頑張ってください!

公式戦はアピールの場

試合前に中日の三ツ俣選手(左)と会って、嬉しそうな藤井選手。
試合前に中日の三ツ俣選手(左)と会って、嬉しそうな藤井選手。

藤井宏政選手は試合前に「中日の先発、伊藤準規なんですよ」と少し不安げでした。阪神時代の対戦結果は「打ったり打たなかったり。球が速い…」とのこと。確かに150キロがバンバン出ますね。また中日の選手はほとんど知った顔ですが会うのは久しぶり。第1試合が行われているため、両チームは球場横の芝生広場で時間をずらしてウォームングアップをしていて、その入れ違いに藤井選手は中日の三ツ俣選手と遭遇しました。

藤井選手が声をかけると「おおー!」と目を丸くした三ツ俣選手。「社会人にも体のでかい選手がいるなあと思って見ていたんですよ~。そうかあ」。相手チームに藤井選手がいるとは知らなかったようですね。三ツ俣選手の方が2つ年下ですが、オリックスにいた頃はよく練習試合もしていたので旧知の仲。2人ともすごく嬉しそうに話していた、ところをお邪魔してしまってすみません。

左翼線二塁打は「いい感じで打てた」という藤井選手。都市対抗の2次予選で再会を!
左翼線二塁打は「いい感じで打てた」という藤井選手。都市対抗の2次予選で再会を!

試合では同い年の伊藤投手から2安打。ちょっと調子を落としていたとか?「はい。試合でヒットは出ているけど自分としては納得いっていなかったんです。きょうは1打席目に打てて、ちょっと気が楽になって2打席目に二塁打。それで3打席目は少し欲が出た(笑)。ちょっと力んでしまいましたねえ。でも2打席目はいい感じで打てたので、それはよかったと思います。真っすぐ主体で来ていたから狙いました」

こういう社会人野球の大会にはプロのスカウトが訪れることも多く、注目度は高いですね。「それにプロのチームと試合ができるというのは、アピールの場になってきますし」と藤井選手は言います。「もう一度プロを目指すからにはアピールしたいと思っていたので、いい結果が出てよかった」とニッコリ。試合を振り返っては「最後に大差がついてしまったけど、中盤までゲーム自体は悪くなかったと思います。向こうのいい当たりが正面をついたりしたのもあったので」いうコメントでした。

やはりプロのように次々にいいピッチャーが出てくるというのは少なく、藤井選手も「ピッチャーがいないので…。抑えとか」と話していました。なるほど、だいたい一番いいピッチャーが最初に出てくることが多いかな。だから大西投手が粘投でしのいでいる間に、援護してあげられればよかったんでしょうね。次は早めに打線がつながるよう祈っています。

東京ドームの都市対抗を目指して

その“次”ですが、きょう3日に行われた日本通運との試合は4対0で完封負けを喫し、通算成績が0勝2敗となりました。残念ながら、カナフレックスの決勝トーナメント出場は難しいですね。ちなみに中日のファームは3日の東邦ガス戦に4対0で勝利。若松投手が完封、赤坂選手の3ランなどで8回に4点を取ったようです。この顔合わせは昨年同大会の決勝と同じで、昨年は中日が敗れていますから気合いも入っていたでしょうねえ。あす4日は予選リーグ最終日で、カナフレックスは東邦ガスと、中日は日本通運と対戦します。

今大会のあとは、7月に開催される『第86回 都市対抗野球大会(東京ドーム)』の京滋奈予選を7日に控えているカナフレックス。昨年初めて出場した滋賀1次予選は2回戦でOBC高島に惜敗、次へ進めませんでした。ことしはその滋賀1次予選を突破!ただし滋賀県、京都府、奈良県にはまだ京滋奈予選(河埜監督いわく「1.5次予選」)があり、それを経て近畿2次予選へ進めるわけです。3チーム中2チームが2次へ行けるとはいえ「他のチームが潰しあいしてくれるのではなく、勝って自分の手でつかまないと意味がない。1次予選は相手のミスで勝ったようなもの。はき違えるなと言っています」と河埜監督。

4回に同点のホームを踏み、とびっきりの笑顔でベンチに戻ってきた藤井選手。
4回に同点のホームを踏み、とびっきりの笑顔でベンチに戻ってきた藤井選手。

近畿地区の都市対抗予選を見ると1次予選はクラブチームの参加が多く、企業チームは2次予選からです。阪口哲也選手がいるパナソニックも2次からの参戦。若竹竜士投手が所属の三菱重工神戸・高砂も兵庫1次予選には出ておらず、近畿地区2次予選からになります。穴田真規選手がプレーする和歌山箕島球友会はクラブチームで、大阪・和歌山1次予選に出場。昨年同様、きっちり優勝して既に2次へ駒を進めました。よってカナフレックスが進出すれば、今月17日から行われる近畿地区2次予選に“集合”ですね!

もう1人、野原将志選手がキャプテンを務める三菱重工長崎は、先月26日の長崎・佐賀1次予選を余裕で突破。6月6日からの九州地区2次予選で、12チーム中3チームの本大会出場権獲得を目指します。実は先月の『JABA岡山大会』で左手首を骨折してしまった野原選手ですが、6月の2次予選には復帰すると頑張っています。その前に、5月7日から始まる『JABA九州大会』に出場する三菱重工長崎。なんとパナソニックも同じブロックで8日には直接対決が!野原選手はまだ出られませんけど、これは見に行かなきゃダメでしょう。というわけで来週詳しくご紹介します。