「ファミチキより電波ください」 ソフトバンクのTwitter炎上

ソフトバンク公式Twitterより

 ソフトバンクの携帯電話回線(ワイモバイル含む)で、12月6日昼過ぎから大規模な通信障害が発生している。ソフトバンクの公式Twitterは午後5時半現在、障害についてアナウンスしておらず、最新のツイートはファミチキがもらえるスーパーフライデーの告知だ。ユーザーからは「ファミチキはいらないから電波をください」といったリプライが集まり、炎上状態になっている。

 ソフトバンクによると、通信障害は6日午後1時39分から全国で発生。長時間にわたって続いているようで、ユーザーの間で困惑が広がっている。午後5時半現在、筆者のワイモバイルのスマートフォンもまだLTE電波をつかめていない。

 ソフトバンク公式Twitterアカウントはこの障害について現時点で沈黙しており、最新の投稿は6日正午に投稿された「スーパーフライデー」の告知。6日から、ソフトバンクユーザーならファミチキがもらえることをアピールしている。

 障害に関する情報などを求めてソフトバンクのTwitterを訪れたユーザーは、最新ツイートに落胆。「ファミチキより電波ください」「ファミチキより電波障害早く治して!」「詫びチキ」といったリプライが届いている。

 またソフトバンクは、「動画SNS放題」のプロモーション画像などで、「事件は起きる。Wi-Fiのない場所で」「事件現場は、日本中のスマホです!」といったメッセージを使っていた。これを今回の電波障害と重ねて、「伏線回収している場合じゃない」といったツッコミも集まっている。

  • 6日 午後6時半追記

 ソフトバンクのTwitterは午後6時過ぎに障害についてツイートした。午後6時以降、障害は徐々に復旧しているようだ。