トナカイさんへ伝える話(1)有料記事を始める理由

(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

 <本記事は無料で全文を読めるサンプル記事です>

 私は性暴力の取材を続けているライターです。

 このYahooニュース個人有料記事でも、主に性暴力被害や、それにまつわる社会の状況、課題について書いていきたいと思います。

 どんな社会課題についても言えることだと思いますが、取材をすればするほど、問題が山積みだと気づきます。途方もない気持ちになることもしょっちゅうです。

 そして、この問題について多くの人に知ってほしくて記事を書きます。知ってもらうことが課題解決の一歩と考えるからです。これは、Yahooニュース個人の他のオーサーさんも同じ思いでいらっしゃることと思います

 広く知ってもらうことだけを目標にすれば、有料記事ではなく無料記事で良いはずです。そこで、私がなぜ有料記事で発信するのかということを、まずこのサンプル記事で説明しておきたいと思います。

 理由は、性暴力被害の特殊性と、ネット記事の特徴にあります。

画像

(1)二次加害・二次被害を減らす

 性暴力のニュースが報じられたときや、被害当事者が被害内容を発信したとき、残念ながら二次加害・二次被害が発生することが多くあります。

 性暴力の二次加害・二次被害とは、被害者に向けられる「あなたにも隙があったのでは」「ウソをついているのではないの?」などの心ない声のことです。性暴力は「気をつければ防げる」「若い女性だけが被害に遭う」「ウソの申告も多い」「滅多に起こらないレアな被害」(※)といった偏見や誤認識が多く、これが二次加害につながります。

(※)

・性暴力は被害者が気をつけて防げるものばかりではない

・被害者の性別や年齢はさまざま

・ウソの申告が多いというエビデンスはない

・実際は多くの人が被害に遭っている(無理やり性交などをされたことのある人は、女性の13人に1人、男性の67人に1人※H29年内閣府調査)

 日本ではこういった知識がじゅうぶんに知られているとは言い切れず、未だに二次加害は頻繁に起こっています。ネット上では、「ネタ」として二次加害を楽しむ行為もよく見られます。

 報じなければ被害の深刻さを知ってもらうことができない。けれどそれは被害者を二次加害に晒すことにもなる。報道にはこのジレンマがつきまといます。

 また、性犯罪事件だけを見に来る傍聴マニアがいるように、「性的な内容を楽しむ」意図を持って性暴力のニュースに関心を寄せる人もいます。誰でも無料で読め、検索すれば過去記事もすぐに読むことができるのがネットニュースです。

 有料にして「鍵」をかけることで、書く内容の幅を広げたいと考えます。

画像

(2)理解のある人の中で議論を進めたい

 無関心な人に課題に気付いてもらうことももちろん必要です。一方で、ある程度の理解・関心がある人と、最低限の前提をベースにして議論を進めることも必要だと考えます。

 Yahooニュース個人の無料記事は、ときとしてヤフトピに載ることもあります。Yahooニュースは注目度の高いプラットフォームです。無関心層に届くツールとしては非常に有効ですが、一方で、すでに過去記事で書いたことを何度でも最初から繰り返し説明しなければならない場所でもあります。

 課題を知ってもらいたい立場ですから、必要であれば何度でも繰り返し説明するのですが、一方で「セカンドレイプとは二次加害・被害のことです」「二次加害は被害者に極めて深刻なダメージを与えることがあります」といった基本的な前提・説明への文字数をなるべく割かない場も欲しいと感じます。

 全体で見れば、日本の「性交同意年齢」が13歳である、といったことを知っている人の方が少数派だと思いますが、そこに課題感をすでに感じている人と、さらに考えていきたいことがあります。

画像

「トナカイさん」の理由

 Yahooニュース個人の有料記事を書く際には、コンプライアンス担当など課題を感じている「企業の担当者向け」とするのが有効だとアドバイスを受けました。

 個人にとっての500円と、会社の経費から支払われる500円では価値がまったく違うからです。つまり、企業担当者向けに書く方が、購入されやすい。

 もちろん、「就活セクハラ」「企業や教育機関で起こるセクハラを含む性暴力の対応や対策」「広告におけるジェンダー表現の炎上」といったことを考えていかなければならない立場の企業の中の人にも読んでもらいたいという気持ちもあります。

 ただ、自分が誰かに向けて書くかを考えたときに、最初に思い浮かんだのはやはり当事者の方々でした。

 フラワーデモで出会った女性のひとりは、「入社した会社のX’masパーティーで、女子社員はミニスカートのサンタのコスプレをすることを求められた。意思表示として自分はトナカイの着ぐるみを着た」というストーリーを持っていました。

 私はこういう一つひとつのストーリーを聞くたびに、胸が潰れる思いがします。わかりやすく整えられたノウハウや理論を学ぶことも大事。でもその理論が構築される過程にあったストーリーも知られてほしいと思います。

 まず、当事者や支援者と語り合うつもりで記事を書きたい。当事者の間で何が語られているのか、議論されているのか、当事者が見ている社会はどんなものなのかを通じて、性暴力の課題を知っていただければと思っています。「トナカイさん」というタイトルにはその意味を込めています。

 今後の記事については具体的には、下記のような内容を考えています。

・無料記事で書けなかった話

・進行中の裁判の傍聴について

・性暴力にまつわる本や記事のレビュー、紹介

・ジェンダーにまつわる炎上の分析

・過去の性犯罪・性暴力事件と世論について

 週に1回程度、月に4回の頻度で公開していく予定です。どうぞよろしくお願いします。

(記事内の写真は筆者撮影)