立憲民主党・本多平直議員の「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」発言。

 政党内で行われた性犯罪刑法改正案についてのワーキングチーム(WT)で、議論が紛糾した際に出た発言だそうですが、いくら議論に熱くなっていたとしてもこれはないです。議員がツイッターの匿名アカウントと同じようなことを言っている。

 また、本多議員は発言を謝罪し口頭注意されているものの、立憲民主党の WTでは性的同意年齢を16歳に引き上げる案に関して取りまとめが断念されたとのことで、結局本多議員らのような反対派の意見が党内で優勢なのではないかと思わざるを得ないです。

 私は前回の性犯罪刑法改正時から性的同意年齢(現状13歳)の引き上げを強く求めている立場ですが、本多議員のような発言に抗議し、引き上げ賛成の立場を取ることには多大なエネルギーが必要で、もはや苦行です。結局、立憲が取りまとめを諦めたことでもわかるように、一部からの反発がものすごいからです。以下で詳しく説明します。