7月20日、ロシア国防省はロシア南部のアストラハン州北西部にあるカプースチン・ヤール演習場で新型の防空システムS-500が射撃試験を行ったと発表しました。高速弾道標的の撃墜に成功、弾道ミサイル防衛システムになります。

 従来のS-400防空システムの基本形態は48N6ミサイル4本のキャニスターを発射車両に搭載する型式でしたが、S-500はそれよりも大きなキャニスターを2本搭載しています。これはS-300Vの巨大な9M82ミサイルに匹敵する大きさです。(写真を比較したところ、直径は9M82用キャニスターと同等、長さはS-500用の方が長い。)

【比較写真】左:S-300V装輪型(9M82ミサイル)、右:S-500。ロシア軍より
【比較写真】左:S-300V装輪型(9M82ミサイル)、右:S-500。ロシア軍より

 S-500が発射した地対空ミサイルの詳しい種類は公表されていませんが、おそらく新型の40N6ミサイルないし77N6ミサイルだと思われます。40N6は48N6より番号が若いですが、40N6の方が後から採用された新型ミサイルです。これまで40N6は断片的な性能数値しか発表されておらず、77N6に至っては全く正体が不明です。

 40N6と77N6はこれまでイラストや写真や動画は1枚も公開されてきませんでした。今回ロシア国防省が公開した動画が初公開となります。

ロシア国防省公開動画よりS-500発射の瞬間。キャニスターの蓋はS-300Vと同様の開閉式
ロシア国防省公開動画よりS-500発射の瞬間。キャニスターの蓋はS-300Vと同様の開閉式

ロシア国防省公開動画よりS-500発射の瞬間。遠距離で新型ミサイルの形状は不鮮明
ロシア国防省公開動画よりS-500発射の瞬間。遠距離で新型ミサイルの形状は不鮮明

写真拡大。不鮮明だが下部に末広がり型のブースター、2段式ミサイルと推定
写真拡大。不鮮明だが下部に末広がり型のブースター、2段式ミサイルと推定