船木誠勝、自分を変えた大阪の街

プロレスラー・船木誠勝

 プロレスラー・格闘家の船木誠勝さん(48)。1993年に「パンクラス」を立ち上げ、あらゆる要素を取り入れたハイブリッドレスラーとしてストイックに格闘技の道を疾走してきましたが、8月から、笑福亭鶴瓶さん、お笑いコンビ「よゐこ」、「TKO」、「ますだおかだ」らが所属する松竹芸能に入りました。2015年から大阪在住になったことがきっかけで生まれた縁。思いのほか、大阪の空気がすんなりとハイブリッドされたようで「大阪は自動販売機でも缶ジュースが50円とかで売ってますんで、今は100円以下じゃないとコインを入れなくなりました」と穏やかな笑顔を見せました。

ほとんどの人から二度見される

 2015年11月から大阪に住んでいますので、今で2年弱です。

 2015年の7月、当時所属していた(プロレス団体)「WRESTLE-1」との契約が終わりまして、それ以降は試合のオファーが来たら受けるという形になりました。なので、地元の青森でジムを経営しながら暮らすということも考えたんですけど、妻の親戚や知り合いの方がいらっしゃることもあって、大阪でジムを開くことになったんです。

 皆さん、自分が大阪にいるというイメージをお持ちでないんでしょうね。道でこちらの顔に気付いたら「エッ!?どういうこと?」とほとんどの方が二度見をされます(笑)。

画像

縁を大切にしたかった

 大阪での生活をする中で、たまたま妻が松竹芸能所属の三輪記子弁護士と会いまして、そこで「船木さん、どこかに所属されてるんですか?」という話になり、松竹芸能とのご縁をいただいたんです。それが今年5月でした。

 自分もこれから船木誠勝という名前で、看板で、生きていかなくてはなりませんし、活動の窓口となるところも必要。そして、何より、ご縁を大切にしたかったので、ありがたく所属することにしたんです。

 ただ、松竹芸能という会社名は聞いたことはありましたけど、どんな会社なのか、誰が所属しているのか、全く知らなかったんです(笑)。入るとなってから、会社のタレントプロフィールみたいなものを見ていくと、カテゴリーごとにタレントさんが紹介されている。“漫才”“ピン芸人”“若手”“諸芸”…。自分は、いったいこの中でいうと、どこに入るんだろうとは思いました(笑)。

 2000年に引退して、2001年から2006年までは芸能生活をしてましたけど、そこから10年以上、芸能の世界からは離れてましたからね。当時は「雨上がり決死隊」さんや「くりぃむしちゅー」さんがまだ若手でしたけど、自分の意識はそこでストップしてますし、完全に“浦島太郎状態”です。しかも、大阪を拠点にされている方が多い松竹芸能の芸人さんとはこれまでなかなか接点がなかったので、どの方とお会いしても、とにかく新鮮です(笑)。

空気が自分に合う

 松竹芸能に入って一発目の仕事は、(ピン芸人)代走みつくにさんが司会を務めるラジオ番組でした。代走みつくにさん、残念ながら、これまでは存じ上げませんでしたけど、毎日、毎日、あらゆる刺激をもらっています。

 「松竹芸能に入って、これからどんなことをしていきたい?」というようなことをよく尋ねられたりもするんですけど、そこはイメージを作らないようにしているんです。というのも、これは完全に大阪の生活の影響ですね。

 中学を出るまでは青森。そこから東京で30年近く。そして、2年ほど前から大阪。圧倒的に大阪が短いんですけど、自分でも驚くくらい、空気が自分に合う。さらに、考え付かないようなご縁が重なって、今、松竹芸能にもお世話になっている。狙ったわけではなく、流れと縁で今がある。なので、自分から何かを求めるのではなく、自然にいこうと。あらゆるものをキャッチする本能と、起きたことに対する臨機応変さ。これさえ持っていたら、もうあとは流れにゆだねようと。そんなことをこの2年で思うようになったんです。それがすごく心地いいなと。

 これまでは何をやるにしても、ずっと先まで見越して計画を立てていた。ただ、それがうまくいかなくなると、すごくイヤになる。そんなストレスが今はないというか。今も、大雑把に方向性は考えてはいますけど、そこに突発的に何かが入ってきても、それはそれでいい。こう考えるようになったのは、大阪での時間の影響でしょうね。

画像

背負っていた荷物が軽くなった

 いや、何より、本当に大阪の空気が自分に合ってるんですよ(笑)。人の多さも、車の多さも、自分にとってはちょうどいい。あと、先ほど、街で見かけたら二度見されると話しましたけど、そこから大阪の多くの人は、昔からの知り合いみたいに話しかけてきてくれます(笑)。それが自分はイヤじゃないんですよ。その距離感を嫌う人もいらっしゃるんでしょうけど、意外と自分はなじんだというか。

 だから、たまに試合で東京に行くと分かるんですけど、新大阪に着いて、駅のエスカレーターを降りていく瞬間から、すっと息がしやすくなるんです。大阪に来て、明らかに背負っていた荷物が軽くなりました。

 それと、急速に関西弁にも慣れましたね。ふと考えごとを「これ、なんや?」とか「アホか」とか関西の言葉でするようになってます。あとは、缶ジュースですね。大阪では自動販売機の缶ジュースでも50円とかっで売っているところもあるので、100円以下じゃないと自販機にコインを入れなくなりました。自分でも、なじむもんだなぁと思います(笑)。

■船木誠勝(ふなき・まさかつ)

1969年3月13日生まれ。青森県弘前市出身。本名・船木優治(ふなき・まさはる)。84年、弘前大学教育学部附属中学校を卒業し、新日本プロレスに入団。同期は武藤敬司、橋本真也、蝶野正洋ら。85年、当時、史上最年少の15歳11ヵ月でデビューを果たす。その後、UWF、プロフェッショナルレスリング藤原組を経て、93年に「パンクラス」を設立。2000年には“400戦無敗”のヒクソン・グレイシーに敗れ、試合後に引退を表明する。2001年からは俳優としてフジテレビ系「Dr.コトー診療所」などに出演。07年に総合格闘家として復帰し、09年からはプロレスラーとして活動している。15年から拠点を大阪に移し、今年8月から松竹芸能に所属。15日には関西テレビ「ジャルやるっ!4」(関西ローカル、深夜0時55分)に出演する。