第9回女子野球ジャパンカップ 準決勝第一試合 京都フローラ対環太平洋大学

抱き合って勝利を喜ぶ、京都フローラナイン

最終回に京都F勝ち越しプロの意地見せ、決勝へ進出

8日からわかさスタジアム今日で行われている女子野球シーズン日本一を決めるジャパンカップは、2日目の9日、準決勝2試合と決勝戦が行われます。準決勝第一試合の京都フローラ対環太平洋大学は、京都フローラが最終回に三浦伊織選手のタイムリーで1点を勝ち越し2対1で勝利し、決勝進出を決めました。

京都 010 000 1 2

IPU 000 100 0 1

京都 龍田ー松村

IPU 小松-大坪

(二)大須賀(IPU)

プロらしい一打で試合を決める

 京都フローラ、先発の龍田投手の打たせてとる投球と、環太平洋大学、先発の小松投手の変化球を上手く使い丁寧にコースをつく投球を繰り広げ投手戦に。

画像

 京都フローラは、2回に1点を先制するも、なおも満塁のチャンスに三浦伊織選手が三振に倒れ1点止まり。4回には突如龍田投手が崩れ、フォアボールで出した走者をかえしてしまい同点にされます。

 本大会では、同点で7イニング(女子は7イニング制)を終えると延長戦は行わず、アマチュアチームの勝利と定められています。その後は両者無得点のまま、1対1で迎えた最終回。土壇場に追い込まれた京都フローラが試合を決めました。

京都フローラはこの回の先頭打者、七番・白石選手がフォアボールで出塁すると、送りバントで二塁へ進みます。九番・佐々木選手がセンターフライに倒れ、打席へは一番・三浦選手が。3打席ノーヒットだった三浦選手ですが、ここは逆らわずにレフト前にヒットを放つと、足の速い白石選手が生還、ついに勝ち越しに成功、その裏の攻撃で追随を許さず、2対1と勝利しました。

画像

京都フローラ 川口監督のコメント

「本来、京都フローラは初球から積極的に振るチーム。それが、相手の小松投手が丁寧にコースをつくピッチングで、振らせない状況を作られてしまいました。思い通りのピッチングをさせないためにも、ファウルでも空振りでも良いから、もっと振って行こう、と声をかけました。(最終回のタイムリーを打った場面)三浦に任せてノーサイン。2回満塁の時に三振に終わっていただけに、きっちり対策して打ったのはさすがシーズン最多安打賞の打者だけのことはあります。小松投手が三浦に敬遠せずに勝負してくれたのもうちにとっては良かった。プロらしく小細工はしたくなかった」

勝ち越し打を放った三浦伊織選手コメント

「小松投手は、チャレンジャーの怖いものなしで、マウンド上で楽しんで投げているように見えました。前の打席まではインコースを攻められ、あの打席も初球インコ―スに決められ、やっぱりそう来るんだ(笑)と思っていたら、たぶん、抜けたんでしょうね、私の好きなアウトコースに来たので逆らわずに打ちました。白石選手がよく二塁から帰ってきてくれたと思います」

画像