Twitter公式ブログ「Introducing Tip Jar」によれば、Twitterアカウントに投げ銭ができる・投げ銭を受け取れる新機能「Tip Jar」(ティップジャー)が備わりました。フォロー、リツイート、いいねの機能に加え、新たにTwitter上で活動する人をサポートする機能となります。

自分のプロフィールに、アメリカドル札のようなアイコンがあれば、投げ銭を受け取ることができる。Twitterアプリより筆者キャプチャ
自分のプロフィールに、アメリカドル札のようなアイコンがあれば、投げ銭を受け取ることができる。Twitterアプリより筆者キャプチャ

iPhone・Androidの最新アプリのみ利用が可能。さらに投げ銭を受け取ることができるアカウントは一部のクリエイター、ジャーナリスト、専門家、非営利団体に限られているようです。これは「Tip Jar」がまだテスト段階であることの現れでしょう。

対応している決済サービスはBandcamp、Cash App、Patreon、PayPal、Venmoの5つ。Twitterアプリより筆者キャプチャ
対応している決済サービスはBandcamp、Cash App、Patreon、PayPal、Venmoの5つ。Twitterアプリより筆者キャプチャ

記事執筆時点では基本的に英語圏ユーザーを対象としていることが判明しています。そのため投げ銭の対応決済サービスはBandcamp、Cash App、Patreon、PayPal、Venmoの5つとなっています。

この中で、日本語でのサービス提供をしているのはPayPalでしょうか。そのためPayPalを用いて決済することが多いと思われますが、ここで注意が必要です。PayPalは仕様上、金銭をやりとりする際にアカウントに紐付けられた個人情報を伝えることになっているようです。

送金時、住所などの個人情報を非公開とするといった項目は確認できなかった。PayPalサイトより筆者キャプチャ・レタッチ。
送金時、住所などの個人情報を非公開とするといった項目は確認できなかった。PayPalサイトより筆者キャプチャ・レタッチ。

もともとPayPalは、ネットを使った通信販売の決済サービスとして普及してきました。ゆえに購入したものを配送してもらうために、住所や電話番号を伝える必要がありました。

しかしオンライン上の投げ銭決済用として使うのであれば、個人情報の通達は不要です。個人情報を伝えたくないと考える人のほうが多い時代、特に日本では匿名でやりとりしたいと考える人も多いでしょう。

この問題に関してはTwitter側ではなく、PayPalをはじめとした決済サービス側の対応が必要となります。今後の対応がどうなるか、注視していきましょう。

追記(2021年5月8日午前7時)

記事公開後に実験を繰り返したところ、PayPalのアカウントに個人間での送金・集金に対応した三菱UFJ銀行の口座を登録し、「個人間送金」で投げ銭することで住所・電話番号が相手に伝わらないことを確認しました。名前はアカウントに登録されたものが表示されました。

三菱UFJ銀行以外の、PayPalの個人間送金に対応した銀行は以下となります。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行

また「商品またはサービスに対する支払い」であっても、「配送先住所」欄を表示させない設定にすることで住所を通達させないことが可能でした。ただし「商品またはサービスに対する支払い」はPayPal側に手数料が取られてしまうので、支援したい額をそのまま相手に受け取ってほしい場合は、対応銀行口座の登録&個人間送金で投げ銭しましょう。