29日のKBOリーグは全5試合が14時開始のデーゲームで行われた。

KTウィズ-ハンファイーグルス(スウォン)は4-4で迎えた9回表、ハンファは四球3つで1死満塁のチャンスを作ると、代打のハ・ジュソクが一、二塁間を破るタイムリーヒット。二者が還ってハンファが勝ち越しに成功した。

ハ・ジュソクの一打で火がついたハンファ打線は打者一巡の猛攻を見せ、9回だけで8得点。試合は12-4でハンファが勝利した。

ハンファは昨年5月のロッテジャイアンツ戦以来の同一カード3連勝。9位のハンファはこの一週間を5勝1敗で終え、8位KTとのゲーム差を2.5に縮めている。

◇5月29日(日)の結果

・LG 4 - 8 サムスン(チャムシル)

 勝:ホン ジョンウ

 敗:イ ジョンヨン

・KT 4 - 12 ハンファ(スウォン)

 勝:ユン ホソル

 敗:チュ グォン

・KIA 7 - 9 SSG(クァンジュ)

 勝:チェ ミンジュン

 敗:チャン ヒョンシク

・ロッテ 0 - 4 キウム(プサン)

 勝:ハン ヒョンヒ

 敗:バーンズ

・NC 0 - 1 トゥサン(チャンウォン)

 勝:クァク ピン

 敗:シン ミンヒョク

⇒ KBOリーグ公式戦日程と結果(ストライク・ゾーン)

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

◆「サムスンが連敗を5で止める」

5連敗中のサムスンライオンズがLGツインズと対戦。2番のホセ・ピレラ(元広島)、4番のク・ジャウクがどちらも4安打2打点の活躍。17安打を連ねたサムスンは連敗を止めた。首位打者独走中のピレラは打率を4割9厘に上げている。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサンベアーズ)>

NCダイノス戦に1番ライトで先発出場。1打席目空振り三振、2打席目レフトフライ、3打席目ライトフライ、8回表2死での4打席目はショートの左を抜く強い打球のレフト前ヒットで出塁したが、次打者の時に盗塁を試みアウトとなった。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

※本記事は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得て掲載しています。