東京オリンピック(五輪)に参加する野球韓国代表が26日午前に韓国を出国。午後に成田空港に到着した。

韓国のトップチームにとって、野球競技の会場である横浜スタジアムでの国際大会は今回が初めて(90年代の日韓親善試合は除く)。チームを率いるキム・ギョンムン監督は事前練習なく本番を迎えることについてこう話した。

「残念ではあるが(練習できないのは)うちのチームだけではない。何よりスポーツは力があるチームが勝つので、本番までの2日間(ハマスタ以外での)練習をしっかり行い、選手がベストコンディションで臨めるよう努力する」

韓国は23日からはソウル市内のコチョクスカイドームで強化試合(評価戦)を行い、2勝1分けで全3戦を終えた。強化試合についてキム監督は「全て満足はしていないが、打者が生きた球を見られて良かった。いま頭の中は初戦のイスラエル戦のことしかない」と話した。

そのイスラエルについては「総力戦でくると思う。打者の実戦感が上がってくるまでは投手が立ち向かって失点を防ぐ必要がある。投打がかみ合うように準備をする」とした。

キム監督は2008年の北京五輪でも監督を務めチームを金メダルに導いている。「13年という月日は早かった」と話し、今回の代表チームには当時のリュ・ヒョンジン(現ブルージェイズ)、キム・グァンヒョン(現カージナルス)のようなエース投手がいないことについてこう語った。

「大黒柱の左腕は抜けたが、イ・ウィリ(KIA)はまだ若い(19歳)がとても良い。(同い年の)キム・ジンウク(ロッテ)も同じだ」

韓国代表は先々週、代表24選手のうち2人がリーグの防疫規則違反をし、また品位を損なう行為をしたとして出場を辞退。高卒新人左腕のキム・ジンウクと、元阪神の守護神オ・スンファン(サムスン)が急遽招集されている。オ・スンファンはチームの唯一のNPB選手経験者で39歳での代表入りとなった。

韓国代表は全選手が選手村入りし、29日にイスラエルとの初戦を迎える。

(関連記事:元阪神・呉昇桓が東京五輪韓国代表に緊急招集 ハマスタを知る3人に訪れた突然の事態

(関連記事:東京五輪の野球韓国代表が決定 呉昇桓、秋信守は選出されず

東京五輪日程・概要と韓国代表一覧(ストライク・ゾーン)