16日の韓国KBOリーグはダブルヘッダー2カードを含む、全7試合が行われました。

KIAタイガース-SSGランダーズのダブルヘッダー第2試合は2-0でKIAが勝利。KIAはこの日、東京オリンピックの韓国代表入りが決まった、左腕のイ・ウィリ投手が先発しました。

この日19歳の誕生日を迎えたイ・ウィリ投手は5回2/3、106球を投げて与えたヒットは1本。10個の三振を奪い、SSG打線を0点に抑えました。ゆったりとした始動から、鋭くコンパクトな腕の振りを見せるイ・ウィリ投手は、140キロ台後半の直球とチェンジアップ、スライダーを丁寧に投げ込み、三振の山を築きました。

高卒ドラ1新人のイ・ウィリ投手は11試合の登板で3勝目(2敗)。代表入りした左投手はチャ・ウチャン投手(LG)とイ・ウィリ投手と2人のみで、人材不足が心配されていましたが、この日のイ・ウィリ投手の好投は、五輪での先発登板を期待させる投球内容でした。

◆「オ・スンファン、チュ・シンスは選出されず」

この日発表になった韓国代表に、選出が注目されたオ・スンファン投手(サムスン)、チュ・シンス選手(SSG)は選ばれませんでした。キム・ギョンムン監督はオ・スンファン投手について、「北京(五輪)に続いて一緒にやりたかったが、状態がいいコ・ウソク(LG)を選んだ」とし、チュ・シンス選手は足首の状態が万全ではないとしました。

(関連記事:東京五輪の野球韓国代表が決定 呉昇桓、秋信守は選出されず

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ロッテジャイアンツとの2軍戦の2番センターで先発出場し、4打数4安打1四球と5打席すべてに出塁しました。3回に盗塁を決め、6回に盗塁死、8回に牽制死、守備では6回に1失策を記録しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全7試合の結果です。

◇6月16日(水)の結果

・トゥサン 3 - 5 サムスン(チャムシル)

 勝:ブキャナン

 敗:イ ヨンハ

・キウム 6 - 3 LG(コチョク)

 勝:キム ソンジン

 敗:ソン ウンボム

・ハンファ 9 - 4 ロッテ(テジョン)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:ユン デギョン

 敗:パク セウン

・ハンファ 4 - 3 ロッテ(テジョン)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:ユン ホソル

 敗:キム ジンウク

・KIA 1 - 10 SSG(クァンジュ)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:イ テヤン

 敗:チェ ヨンジュン

・KIA 2 - 0 SSG(クァンジュ)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:イ ウィリ

 敗:チョン スミン

・NC 3 - 7 KT(チャンウォン)

 勝:コ ヨンピョ

 敗:イ ジェハク

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。