新球団SSGの4、5番が4発5打点 ホームで迎えた初陣を白星で飾る<韓国KBOリーグ>

4番チェ・ジョン(左)と5番のチェ・ジュファン(写真:SSGランダーズ)

4日の韓国KBOリーグは全5試合が行われ、3日に雨天中止となった4球場ではこの日、今季の開幕戦を迎えました。

新球団のSSGランダーズはホームのインチョンSSGランダーズフィールドに、ロッテジャイアンツを迎えての初陣。4番のチェ・ジョン選手が2回に先制ソロアーチを放つと、今季トゥサンベアーズからFAで加入した5番のチェ・ジュファン選手も、4回にライトへ2ランを放り込みました。

8回にはこの4、5番コンビが連続ソロアーチを放ち、2人で4発を含む6安打を記録。チームの全得点となる5点を叩き出しました。

試合は4回のチェ・ジュファン選手の一発が決勝打となって、5-3でSSGが勝利。球団初ゲームを白星で飾りました。

◆「SSGのマスコット、目を整形!?」

3月30日の出陣式でお披露目となったSSGのマスコット、大型犬をモチーフとした「ランディ」。開幕戦では瞳の位置が少し変わりました。目つきが精かんになって、親しみも感じるようになっています。

出陣式でのランディ(左)と開幕戦でのランディ(写真:SSGランダーズ)
出陣式でのランディ(左)と開幕戦でのランディ(写真:SSGランダーズ)

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

KIAタイガース戦の8回裏、四球で出塁の4番キム・ジェファン選手の代走で出場。二盗を決めました。9回表、4番にショートのパク・ケボム選手が入り、レフトにはチョ・スヘン選手が入ったため退いています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月4日(日)の結果

・トゥサン 4 - 1 KIA(チャムシル)

 勝:パク チグク

 敗:ブルックス

・キウム 7 - 4 サムスン(コチョク)

 勝:キム ソンギ

 敗:ライブリー

・SSG 5 - 3 ロッテ(インチョン)

 勝:ルウィッキ

 敗:ストレイリー

・KT 3 - 2 ハンファ(スウォン)

 勝:キム ジェユン

 敗:キム ボムス

・NC 1 - 2 LG(チャンウォン)

 勝:ハム ドクチュ

 敗:イム ジョンホ

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。