点を取られたら取り返す 勝ち頭助っ人を打線が援護し首位NC4連勝<韓国KBOリーグ>

決勝打となる11号3ランのクォン・ヒドン(写真:NCダイノス)

23日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャンウォンNCパークのNCダイノス-サムスンライオンズは、NCの先発マウンドにリーグトップの15勝を挙げるドリュー・ルチンスキー投手が上がりました。

ルチンスキー投手は2回表、先制弾を喫するも、その裏NCは6番クォン・ヒドン選手がレフトポール際に11号3ランを放ち逆転に成功。さらに1点を追加しNCは4-1としました。

4回表、ルチンスキー投手は自らの一塁への悪送球と犠牲フライで2点を許し、4-3と1点差に迫られるも、NCはその裏4点を挙げて8-3とリードを広げました。

この日のルチンスキー投手は6回を投げて4失点。終盤リリーフ陣が失点し追い上げられましたが、NCが8-7で勝利しました。ルチンスキー投手は16勝目を挙げています。

NCは4連勝。2位のキウムヒーローズも勝ったため、2位とのゲーム差は2.5で変わりません。

◆「ハンファ3連勝で勝率3割台に」

最下位のハンファイーグルスがトゥサンベアーズに勝利し3連勝。今季の成績を34勝78敗2分けとして勝率を3割4厘としました。ハンファが勝率を3割台に乗せるのは5月30日以来です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日、ハンファ戦での出場機会はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇9月23日(水)の結果

・LG 6- 2 SK(チャムシル)

 勝:ウィルソン

 敗:ムン スンウォン

・ハンファ 6- 5 トゥサン(テジョン)

 勝:キム ジンウク

 敗:キム ミンギュ

・KIA 1- 13 キウム(クァンジュ)

 勝:ブリガム

 敗:イム ギヨン

・ロッテ 5- 10 KT(プサン)

 勝:クエバス

 敗:サンプソン

・NC 8- 7 サムスン(チャンウォン)

 勝:ルチンスキー

 敗:イ スンミン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。