19歳の落ち着いた投球でハンファがロッテに僅差で勝利<韓国KBOリーグ>

ロッテ相手に好投し勝利した先発のキム・イファン(写真:ハンファイーグルス)

15日の韓国KBOリーグはLGツインズ-キウムヒーローズ(チャムシル)が雨で中止。このカードはあす16日に14時開始のダブルヘッダーで行われます。残り4試合はナイトゲームで行われました。

ハンファ生命イーグルスパークで行われた、ハンファイーグルス-ロッテジャイアンツは、ハンファの先発、2000年9月生まれの19歳が落ち着いた投球を見せました。

高卒2年目のキム・イファン投手は1回表、2死から3連打で1点を許すも、その後はロッテ打線を抑えていきます。

130キロ台の直球と110キロ台のチェンジアップ、ほぼこの2つの球種だけで投球を組み立てる、緩急を生かした投球を見せて封じていきました。繰り返し同じ球種を要求する、チェ・ジェフン捕手のリードもはまりました。

試合はハンファが2-1で勝利し、5連敗の後の2連勝。キム・イファン投手は6回101球を投げ、被安打7、失点1で今季初勝利を挙げています(通算5勝目)。

ハンファはキャプテンのイ・ヨンギュ選手が13日の試合で左ふくらはぎに死球を受けて登録抹消。打線の中軸に座るジャレド・ホイング選手は腰痛で、こちらも戦列を離れるなど主力を欠く中でハンファはこの日、気分良く勝利しました。

◆「無観客のスタンドに響く『最強ハンファ』」

開幕から観客なしでの試合が続いていますが、各球団ともホームゲームでは応援団長、チアリーダーが普段通りの応援を展開しています。ハンファの8回裏恒例の、日本で言うところの「バンカラ風」の応援も場内に響いています。

直立した姿勢で手を後ろに組み、上半身を前後させながら力強く「チェガン(最強)ハンファ」と叫ぶ、「肉声応援」と呼ばれるその掛け声は、球団がファン100人から募った音声をまとめて、場内のスピーカーから流しているそうです。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

8回裏の守りから1番パク・コンウ選手に代わってライトの守備に入りました。9回表、1死一塁で打席が回り、セカンドへのゴロを放つとそれを二塁手が弾き、エラーで出塁しました。試合はトゥサンベアーズがKIAタイガースに13-4で大勝しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月15日(金)の結果

・LG 中 止 キウム(チャムシル)

 勝:

 敗:

・SK 2- 6 NC(インチョン)

 勝:カン ドンヨン

 敗:ソ ジンヨン

・KT 14- 6 サムスン(スウォン)

 勝:ソ ヒョンジュン

 敗:クォン オジュン

・ハンファ 2- 1 ロッテ(テジョン)

 勝:キム イファン

 敗:ストレイリー

・KIA 4- 13 トゥサン(クァンジュ)

 勝:ユ ヒグァン

 敗:イム ギヨン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。