さすがエース!キム・グァンヒョンがチームの連敗を6で止め、SK単独首位を死守<韓国KBOリーグ>

16勝目を挙げたキム・グァンヒョン(写真:SKワイバーンズ)

25日の韓国KBOリーグは3試合がナイトゲームで行われました。

6連敗で2位トゥサンベアーズとのゲーム差が1となったSKワイバーンズは、サムスンライオンズとの本拠地最終戦を迎えました。

SKはこの試合に敗れて、トゥサンが勝つと同率で首位に並ばれる大事な一戦。負けられないゲームにSKはエースのキム・グァンヒョン投手を先発マウンドに送りました。

「レッドデー」と銘打った試合で赤いユニフォームをまとったキム・グァンヒョン投手は、1回表、サムスンの上位打線に対し、150キロ台のストレートを連発して三者連続三振を奪いました。

その後のキム・グァンヒョン投手は速球に加えて低めへの変化球、緩急を織り交ぜた投球で9奪三振。7回103球を投げて散発の5安打、無失点ピッチングを見せました。

試合はサムスンの先発、左腕のチェ・チェフン投手も好投し、両チームの得点は4回裏、SKの4番チョン・ウィユン選手のソロホームランの1点のみ。SKが1-0で勝利し、連敗を6で止めました。

圧巻のピッチングを見せたキム・グァンヒョン投手は16勝目(6敗)を挙げています。この日、2位トゥサンも勝ったため、SKとトゥサンのゲーム差は1で変わりません。

◆「SK、必死の投手リレー」

連敗を止めたいSKは1点リードの8回表、キム・グァンヒョン投手に続く2番手のマウンドに11勝を挙げているムン・スンウォン投手を、今季初めてリリーフとして起用しました。

ムン・スンウォン投手は8回を0点に抑えると、9回はクローザーのハ・ジェフン投手が3人で締めてリーグトップの35セーブ目。SKは必死の継投で連敗を脱出しています。

以下が3試合の結果です。

◇9月25日(水)の結果

・SK 1- 0 サムスン(インチョン)

 勝:キム グァンヒョン

 敗:チェ チェフン

・ロッテ 0- 7 トゥサン(プサン)

 勝:フランコフ

 敗:ダイクゾーン

・NC 2- 3 ハンファ(チャンウォン)

 勝:キム イファン

 敗:フリードリック

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。