NCの4年目左腕、7回2死まで無安打投球 トゥサン相手に無失点勝利<韓国KBOリーグ>

7回を投げ1安打無失点と好投したチェ・ソンヨン(写真:NCダイノス)

11日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場で行われたトゥサンベアーズ対NCダイノスはNCの先発、プロ4年目22歳の左腕チェ・ソンヨン投手がトゥサン相手に完璧なピッチング。7回100球を投げて1安打無失点。トゥサン打線を7回2死までノーヒットに抑えました。

チェ・ソンヨン投手が奪った三振はわずか一つ。21個のアウトのうち14個がフライによるもので、打者のタイミングを絶妙に外す投球が光りました。チェ・ソンヨン投手は今季4勝目(1敗)です。

一方のトゥサンはここまで20勝を挙げているジョシュ・リンドブロム投手が先発し、NC打線を6回2失点に抑えましたが、味方の援護なく2敗目となっています。

トゥサンは3連敗でキウムが首位SKに勝ったため、順位は2位キウム、3位トゥサンと入れ替わりました。キウムは4連勝でSKとのゲーム差を3.5としています。

◆「KIAヤン・ヒョンジョン、3安打無四球完封で16勝目」

KIAタイガースのヤン・ヒョンジョン投手はロッテジャイアンツ戦に先発し、9回86球を投げて被安打3、無四球無失点。7つの三振を奪って16勝目を完封で飾りました。

ヤン・ヒョンジョン投手は8月4日のNC戦以来、今季2度目の完封勝利。先月は5試合に登板し3勝を挙げ、8月の防御率は0.51で月間MVPに選ばれています。

ヤン・ヒョンジョン投手が所属するKIAは現在7位でポストシーズン進出は厳しい状況ですが、11月のプレミア12に向け、韓国のエースとしての活躍に期待が高まります。

以下が全5試合の結果です。

◇9月11日(水)の結果

・トゥサン 0- 4 NC(チャムシル)

 勝:チェ ソンヨン

 敗:リンドゥブルロム(リンドブロム)

・SK 2- 4 キウム(インチョン)

 勝:ヨキッシュ

 敗:キム グァンヒョン

・ハンファ 9- 5 LG(チョンジュ)

 勝:チャド・ベル

 敗:イム チャンギュ

・サムスン 11- 8 KT(テグ)

 勝:キム デウ

 敗:キム ミンス

・ロッテ 0- 4 KIA(プサン)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:ラリー

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。