NCヤン・ウィジ18号弾 首位打者&2年連続20本見えた<韓国KBOリーグ>

6回に18号ソロを放ったヤン・ウィジ(写真:NCダイノス)

7日の韓国KBOリーグは首都圏の2試合が台風の影響で中止となり3試合が行われました。

テグサムスンライオンズパークのサムスンライオンズ対NCダイノスは8-2でNCが勝利。5位のNCは連勝で貯金を1として、試合がなかった6位KTとのゲーム差を1に広げました。

NCは4-1で迎えた6回表、チームの4番ヤン・ウィジ選手がレフト上段に18号ソロホームラン。5-1としてリードを広げました。

ヤン・ウィジ選手は昨季、自己最多の23本塁打をマーク。今季はボールの反発係数の数値を下げた「飛ばないボール」が導入された影響で、各打者ホームラン数を減らす中、ヤン・ウィジ選手は2年連続、自身5度目の20本超えが見えてきました。

またヤン・ウィジ選手は現在、打率3割5分6厘を記録しリーグトップ。昨季は1位と4厘差で届かなかった初タイトル獲得の可能性もあります。

ヤン・ウィジ選手は今年FAでトゥサンからNC入り。個人成績だけではなく正捕手としてチームを昨季の最下位からポストシーズン圏内に押し上げる役割も果たしています。

11月のプレミア12、さらに来年の東京オリンピックの出場権を韓国が得た際、ヤン・ウィジ選手は代表打線の中軸、そしてリードで貢献することが期待されています。

以下が3試合の結果です。

◇9月7日(土)の結果

・LG 中 止 トゥサン(チャムシル)

 勝:

 敗:

・KT 中 止 SK(スウォン)

 勝:

 敗:

・ハンファ 5- 1 ロッテ(テジョン)

 勝:サーポルト

 敗:パクセウン

・サムスン 2- 8 NC(テグ)

 勝:ルチンスキー

 敗:ユン ソンファン

・KIA 3- 7 キウム(クァンジュ)

 勝:チェ ウォンテ

 敗:キム ギフン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。