KIAウィーランド(元DeNA)7回9K無失点で8勝目 チームを5連勝に導く<韓国KBOリーグ>

7回無失点で8勝目を挙げたジョー・ウィーランド(写真:KIAタイガース)

4日の韓国KBOリーグは首都圏の3試合が雨で中止となり2試合が行われました。

ハンファ生命イーグルスパーク(テジョン)で行われたハンファイーグルス対KIAタイガースは、1-0でKIAが勝利。

KIAの先発ジョー・ウィーランド投手(元DeNA)は7回103球を投げ、散発の3安打、四球1。回をまたいでの三者連続三振を2度記録するなど、9つの三振を奪う好投を見せました。

ウィーランド投手は味方が1回表に内野ゴロの間に挙げた1点を守る無失点ピッチングで、今季8勝目(9敗)。チームは連日の先発投手の好投で5連勝です。

◆「侍・稲葉監督、視察で代表左腕をチェック」

今年11月のプレミア12、そして来年の東京オリンピックを見据えた韓国視察を行っている野球日本代表の稲葉篤紀監督は、視察2日目のこの日、インチョンSK幸福ドリーム球場に訪問。SKワイバーンズ対NCダイノス戦の観戦を予定するも、球場到着直前に雨天中止となりました。

稲葉監督は前日、テジョンでハンファ-KIA戦を視察。代表入りが予想されるKIAのヤン・ヒョンジョン投手の投球に熱い視線を送りました。

6回を投げ10個の三振を奪い、勝ち投手となったヤン・ヒョンジョン投手について稲葉監督は、「基本的にコントロールがいい投手。特に右打者へのインコース、左打者へのアウトコースにしっかり投げ切れている。角度もあるし球威も感じる。素晴らしい投手という印象」と話しました。

またヤン・ヒョンジョン投手に稲葉監督のコメントを伝えると、「マウンドを降りるまで(視察のことは)知らなかった。球界の先輩であり、実績のある方にそう言ってもらえて嬉しい」と答えました。

稲葉監督以下、井端弘和コーチ、建山義紀コーチは8日まで視察を行う予定です。

以下が2試合の結果です。

◇9月4日(水)の結果

・トゥサン 中 止 キウム(チャムシル)

 勝:

 敗:

・SK 中 止 NC(インチョン)

 勝:

 敗:

・KT 中 止 LG(スウォン)

 勝:

 敗:

・ハンファ 0- 1 KIA(テジョン)

 勝:ウィーランド

 敗:キム ジンヨン

・ロッテ 0- 8 サムスン(プサン)

 勝:ライブリー

 敗:ラリー

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。