NC 8回に勝ち越して連敗ストップ 単独5位奪取<韓国KBOリーグ>

勝ち越し2点二塁打を放ったチ・ソクフン(写真:NCダイノス)

9月1日の韓国KBOリーグは全5試合が14時開始のデーゲームで行われました。

チャンウォンNCパークで行われたNCダイノス対キウムヒーローズはNCが5回裏に2点を先制するも、キウムはすぐさま6回表に2点を返して2-2の同点としました。

そのまま終盤に入った8回裏NCは2死後、3番パク・ミンウ選手がライト線へ二塁打を放つと、キウムバッテリーは4番ヤン・ウィジ選手を敬遠。2死一、二塁となりました。

このチャンスでNCは6回から三塁の守備に入ったチ・ソクフン選手がこの日2度目の打席に。この場面でチ・ソクフン選手はセンターの頭を越える二塁打を放ち、NCは二者が生還して4-2と勝ち越しに成功しました。

NCは9回裏、5番手のマウンドに抑えのウォン・ジョンヒョン投手が上がり、キウムの8番からの攻撃を三者凡退に抑えてゲームセット。NCが4-2で勝利しウォン・ジョンヒョン投手は今季29セーブ目を挙げました。

NCは連敗を止め、5位で並んでいたKTが敗れたため、再び単独5位となっています。

◆「今後心配な空模様」

9月に入り、各チーム残り20試合程となりました。KBOリーグは9月中の公式戦終了を目指していますが、今週中は全国的に雨の日が多い予報となっています。

微妙な天候での試合は球場を訪れる観客の減少にもつながるため、球界にとってこの一週間は頭を悩ませる日々になるかもしれません。

以下が全5試合の結果です。

◇9月1日(日)の結果

・トゥサン 4- 1 サムスン(チャムシル)

 勝:イ ヨンチャン

 敗:ユン ソンファン

・SK 9- 6 LG(インチョン)

 勝:シン ジェウン

 敗:イ ウチャン

・ハンファ 6- 1 KT(テジョン)

 勝:サーポルト

 敗:キム ミン

・KIA 4- 2 ロッテ(クァンジュ)

 勝:イム ギヨン

 敗:ソ ジュンウォン

・NC 4- 2 キウム(チャンウォン)

 勝:ペ ジェファン

 敗:キム サンス

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。