ハンファ3投手がLGを完封リレー/イ・デホ「16年ぶり」の2軍落ち<韓国KBOリーグ>

7勝目を挙げたチャド・ベル(写真:ハンファイーグルス)

チャムシル球場で行われたLGツインズ対ハンファイーグルスは投手戦に。両チームの得点は2回表、ハンファが2本のヒットとエラーで無死満塁とした場面で、併殺打の間に三塁走者が生還した1点のみでした。

ハンファは先発のチャド・ベル投手が6回1/3を投げ2安打無失点と好投。後をつないだ2番手のイ・テヤン投手、クローザーのチョン・ウラム投手もそれぞれ1回1/3をヒット1本、0点に抑えました。

3投手の散発4安打完封リレーでハンファはLGに1-0で勝利。チャド・ベル投手は7勝目です。

◆「イ・デホ2軍落ち」

ロッテジャイアンツは4番打者イ・デホ選手の登録を抹消しました。イ・デホ選手は以前から手首の状態が良くなく、チームも最下位に低迷していることから決断に至っています。

今季のイ・デホ選手の成績は122試合に出場し、打率2割8分4厘、15本塁打、86打点。8月は打率3割2分5厘と好成績を残していますが、7月は1割7分2厘と低迷していました。

ロッテは29日にイ・デホ選手と同い年のチェ・テイン内野手も登録抹消していることから、チームの世代交代に向けた動きではないかという見方もあります。

イ・デホ選手が2軍落ちするのはシーズン後半9月の登録抹消を除くと、2003年以来、16年ぶりとのこと。NPB、メジャーリーグを経て17年に国内に復帰してからは初の降格となります。

以下が全5試合の結果です。

◇8月30日(金)の結果

・LG 0- 1 ハンファ(チャムシル)

 勝:チャド・ベル

 敗:チャ ウチャン

・キウム 5- 2 ロッテ(コチョク)

 勝:キム ドンジュン

 敗:パク セウン

・KT 1- 3 トゥサン(スウォン)

 勝:イ ヨンハ

 敗:アルカンタラ

・サムスン 0- 2 SK(テグ)

 勝:ムン スンウォン

 敗:ライブリー

・NC 2- 8 KIA(チャンウォン)

 勝:キム ギフン

 敗:イ ジェハク

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。