ハンファ、18歳高卒ルーキーが先発初勝利 助っ人が満塁弾で後押し<韓国KBOリーグ>

先発での初白星で今季2勝目を挙げたキム・イファン(写真:ハンファイーグルス)

14日の韓国KBOリーグはSKワイバーンズ対サムスンライオンズ(インチョン)が雨で中止となり、4試合が行われました。

ハンファ生命イーグルスパーク(テジョン)のハンファイーグルス対NCダイノスは9-3でハンファが勝利。

ハンファは高卒1年目、2度目の先発登板となったキム・イファン投手がNC打線を5回までノーヒットに抑え無失点ピッチング。6回にヒットを許し2失点するも先発での初白星、今季5度目の登板で2勝目を挙げました。

ハンファ打線は6回裏に3番のジャレド・ホイング選手がダメ押しの満塁ホームランを放ち、ルーキーの好投を後押ししています。

最下位10位のハンファは明日15日から、1.5ゲーム差で9位のロッテとの2連戦。ハンファはこの対戦で最下位脱出を目指します。

◆「ホームラン王争いに動き」

キウムヒーローズのジェリー・サンズ選手がLGツインズ戦でホームランを2発放ち、24本としてジェイミー・ロマック選手(SK)の23本を抜いてホームラン王争いの単独トップに立ちました。サンズ選手は打点部門でも2位と16点差をつける98打点でトップに立っています。

以下が4試合の結果です。

◇8月14日(水)の結果

・LG 0- 14 キウム(チャムシル)

 勝:ブリガム

 敗:ウィルソン

・SK 中 止 サムスン(インチョン)

 勝:

 敗:

・ハンファ 9- 3 NC(テジョン)

 勝:キム イファン

 敗:ルチンスキー

・KIA 4- 1 トゥサン(クァンジュ)

 勝:ターナー

 敗:フランコフ

・ロッテ 0- 6 KT(プサン)

 勝:ペ ジェソン

 敗:ソ ジュンウォン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。