トゥサンの昨季最多勝右腕、約3か月ぶりの白星/サムスン、新助っ投獲得<韓国KBOリーグ>

約3か月ぶりの白星を挙げたセス・フランコフ(写真:トゥサンベアーズ)

8日の韓国KBOリーグは全5試合が行われました。

トゥサンベアーズ対KTウィズは7-2でトゥサンが勝利。トゥサンの先発セス・フランコフ投手が5回1失点で5月17日以来の5勝目を挙げました。

KBOリーグ1年目の昨季は18勝を記録し、最多勝を獲得したフランコフ投手でしたが、今季は右上腕二頭筋の腱炎で2度の離脱があり、白星から遠ざかっていました。

◆「サムスン、ノーノー助っ投を放出し、新戦力獲得」

サムスンライオンズはデック・マグワイア投手をウエーバー公示申請し、ベン・ライブリー投手の獲得を発表しました。

マグワイア投手は4月21日のハンファイーグルス戦でノーヒットノーランを達成するも、21試合4勝8敗、防御率5.05という成績で、今回入れ替えに至りました。

ベン・ライブリー投手はアメリカ出身の27歳右腕。メジャーでの成績は3年間で26試合4勝10敗、防御率4.80。サムスン球団によると140キロ台後半の直球とカーブとスライダーの切れに評価が高く、安定感のある投球が長所としています。

現在8位のサムスンはポストシーズン出場権を得られる5位と7ゲーム差。外国人選手は8月15日までの登録でポストシーズンの出場が可能です。サムスンは公式戦残り40試合で新助っ投と共に5位入りを目指します。

以下が全5試合の結果です。

◇8月8日(木)の結果

・トゥサン 7- 2 KT(チャムシル)

 勝:フランコフ

 敗:ペ ジェソン

・キウム 1- 6 SK(コチョク)

 勝:キム グァンヒョン

 敗:ブリガム

・サムスン 0- 8 ロッテ(テグ)

 勝:ソ ジュンウォン

 敗:チェ チェフン

・KIA 5- 2 ハンファ(クァンジュ)

 勝:コ ヨンチャン

 敗:イ テヤン

・NC 13- 2 LG(チャンウォン)

 勝:ルチンスキー

 敗:イ ウチャン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。