サムスン、2人の長距離砲と初出場の新助っ人の快打で接戦を制す<韓国KBOリーグ>

韓国デビュー戦で2安打1打点のウィリアムソン(写真:サムスンライオンズ)

27日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

テグサムスンライオンズパークのサムスンライオンズ対ハンファイーグルスはサムスン打線の5、6、7番が活躍。接戦を制しています。

6回裏、この日が初出場の新外国人選手、6番マック・ウィリアムソン選手が放ったこの日2本目の二塁打がタイムリーとなると、続く7番キム・ドンヨプ選手が5号同点3ラン。

サムスンはその後、5-6と1点をリードされるも、8回裏には無死一塁で5番イ・ウォンソク選手が12号2ランを放ち、7-6として逆転に成功しました。

イ・ウォンソク選手の一発が決勝打となったサムスンは連勝。敗れたハンファは6連敗です。

◆「サムスン、助っ人打者2人態勢に」

サムスンは23日、ジャスティン・ヘイリー投手をウエーバー公示申請し、新外国人選手としてマック・ウィリアムソン外野手を獲得。外国人選手枠3人のうち、ウィリアムソン外野手とダリン・ラフ内野手の野手2人に充てることにしました。

右投げ右打ち、29歳のウィリアムソン外野手は今季、メジャーリーグではジャイアンツとマリナーズでプレーし40試合に出場。3Aでは25試合で打率3割6分7厘、9本塁打を記録し、長打力に高い評価を受け、サムスン入りとなりました。

年俸総額は移籍料5万ドルを含む27万5000ドル(約2,970万円)とのことです。

◇7月27日(土)の結果

・トゥサン 12- 1 KIA(チャムシル)

 勝:イ ヨンハ

 敗:ターナー

・キウム 4- 1 NC(コチョク)

 勝:チェ ウォンテ

 敗:ク チャンモ

・KT 2- 5 LG(スウォン)

 勝:ウィルソン

 敗:クエバス

・サムスン 7- 6 ハンファ(テグ)

 勝:チャン ピルチュン

 敗:アン ヨンミョン

・ロッテ 0- 4 SK(プサン)

 勝:ソーサ

 敗:ラリー

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。