KIA押し出しサヨナラで3連勝 サムスンはカン・ミンホの250号を勝利で飾れず<韓国KBOリーグ>

9回裏に同点三塁打を放ったイ・チャンジン(写真:KIAタイガース)

13日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

クァンジュKIAチャンピオンズフィールドのKIAタイガース対サムスンライオンズはKIAが1-2で1点を追う9回裏、無死一塁で6番イ・チャンジン選手が右中間へのタイムリー三塁打。2-2の同点に追いつきました。

その後KIAは死球とフォアボールで2死満塁とすると、2番キム・ジュチャン選手はストレートの四球を選び、三塁走者が還って3-2でサヨナラ勝ち。KIAはサムスンに3タテです。

この試合に先発したKIAのジョー・ウィーランド投手(元DeNA)は7回1/3を投げて、本塁打1本を含む被安打5、失点2。勝敗はつきませんでしたが、前回登板に続いて好投を見せました。ウィーランド投手の成績は14試合4勝3敗、防御率4.57です。

◆「カン・ミンホ、通算250号達成」

サムスンの正捕手カン・ミンホ選手は2回に先制の10号ソロを放ち、10年連続2けた本塁打を達成。そして史上18人目の通算250号となりました。

通算250号となる先制10号ソロを放ったカン・ミンホ(写真:サムスンライオンズ)
通算250号となる先制10号ソロを放ったカン・ミンホ(写真:サムスンライオンズ)

打てる捕手として20代前半から代表チームのマスクをかぶってきたカン・ミンホ選手は、今季で16年目の33歳。バッテリーを組む投手の多くが年下になってきましたが、明るくチームを引っ張る姿は以前と変わりません。

以下が全5試合の結果です。

◇6月13日(木)の結果

・LG 4- 3 ロッテ(チャムシル)

 勝:キム デヒョン

 敗:ソン スンラク

・KT 5- 1 SK(スウォン)

 勝:キム ミン

 敗:キム グァンヒョン

・ハンファ 2- 7 トゥサン(テジョン)

 勝:イ ヨンハ

 敗:サーポルト

・KIA 3- 2 サムスン(クァンジュ)

 勝:パク チュンピョ

 敗:チェ ジグァン

・NC 3- 1 キウム(チャンウォン)

 勝:ルチンスキー

 敗:ブリガム

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。