KTのベネズエラ右腕 8回無失点でチームは3連勝 敗れたロッテは5連敗<韓国KBOリーグ>

ウイリアム・クエバス(写真:kt wiz/初報から差し替え)

9日は全5試合が17時開始のナイトゲームで行われました。

スウォンKTウィズパークで行われたKTウィズ対ロッテジャイアンツは1回表、ロッテがKTの先発ウイリアム・クエバス投手に対し、二塁打と内野安打で1死一、三塁のチャンスを作るも、4番イ・デホ選手がカーブを打たされてピッチャーゴロ。ダブルプレーで先制のチャンスを逸しました。

初回のピンチを切り抜けたクエバス投手は2回から6回までロッテ打線にヒットを許さず、7、8回はランナーを出すも無失点。クエバス投手は8回106球を投げて被安打4。三振は3つと打たせて取る投球でロッテ打線を0点に抑えました。

試合は5、8回に1点ずつを挙げたKTが2-0で勝利。クエバス投手はKBOリーグ13試合目で最も良い投球を見せて4勝目(5敗)、KTは3連勝です。敗れた最下位のロッテは5連敗となりました。

以下が全5試合の結果です。

◇6月9日(日)の結果

・トゥサン 0- 4 キウム(チャムシル)

 勝:ヨキッシュ

 敗:ユ ヒグァン

・SK 0- 9 サムスン(インチョン)

 勝:ウォン テイン

 敗:ソーサ

・KT 2- 0 ロッテ(スウォン)

 勝:クエバス

 敗:チャン シファン

・ハンファ 1- 3 LG(テジョン)

 勝:チョン ウヨン

 敗:チョン ウラム

・NC 4- 3 KIA(チャンウォン)

 勝:チャン ヒョンシク

 敗:ターナー

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。