ロッテ、先発全員の22安打で大勝 連敗を7で止めて最下位脱出<韓国KBOリーグ>

チョン・ジュンウ(写真:ロッテジャイアンツ)

9日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

スウォンKTウィズパークで行われたKTウィズロッテジャイアンツは、ロッテ打線がKTの先発ウィリアム・クエバス投手に対し、5回途中まで15安打11得点。ゲーム中盤の時点で先発全員安打を記録し、13-6で大勝しました。

ロッテ打線は1番のカルロス・アスアヘ選手の4安打を筆頭に、2番カン・ロハン、6番チョン・ジュンウ、7番オ・ユンソクの各選手が3安打をマークし合計22安打。ホームランはチョン・ジュンウ選手に7号ソロが出ています。

この勝利でロッテは連敗を7でストップ。5月に入ってから初めて勝利でKTと入れ替わって最下位を脱出しました。

以下が全5試合の結果です。

◇5月9日(木)の結果

・トゥサン 3- 5 KIA(チャムシル)

 勝:ハ ジュンヨン

 敗:ハム ドクチュ

・キウム 2- 1 LG(コチョク)

 勝:ハン ヒョンヒ

 敗:ウィルソン

・SK 1- 6 ハンファ(インチョン)

 勝:サーポルト

 敗:キム グァンヒョン

・KT 6- 13 ロッテ(スウォン)

 勝:チャン シファン

 敗:クエバス

・サムスン 6- 4 NC(テグ)

 勝:ウ ギュミン

 敗:キム ヨンギュ

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。