助っ人対決の投手戦に決着をつけたのは19歳のサヨナラヒット<韓国KBOリーグ>

サヨナラ打のチョン・ウンウォン(写真:ハンファイーグルス)

4日、韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われ、4試合が1点差ゲームでした。

ハンファ生命イーグルスパークで行われたハンファイーグルスLGツインズの対戦はハンファはサーポルト投手、LGはウィルソン投手が先発し、両投手による投手戦で進みました。

サーポルト投手は8回を投げ被安打4、三振5、失点1。ウィルソン投手は7回無失点、被安打5、三振8つを奪って2番手以降に託します。

両チーム8回に1点ずつを入れ、1-1で迎えた9回裏、ハンファは2死三塁のチャンスを作ると、LGベンチは1番のチョン・グンウ選手を歩かせて2死一、三塁に。続く2番チョン・ウンウォン選手のところでチョン・グンウ選手が初球に盗塁を決めて二、三塁となりました。

この場面でチョン・ウンウォン選手はカウント1-1からライトへタイムリーヒット。三塁からランナーが還って、ハンファがサヨナラ勝ちしました。

チョン・ウンウォン選手は高卒2年目の19歳。1年目の昨季、98試合に出場しセカンドのポジションを争いました。ハンファのセカンドはこれまで韓国を代表するプレーヤー、チョン・グンウ選手が務めていましたが昨年はファーストを兼ね、今年はセンターにポジションを移しています。

チョン・ウンウォン選手は今シーズン、同じく二塁手のカン・ギョンハク選手が右肩痛で戦列を離れていることもあり、ここまでの全11試合で二塁手として先発出場中です。

以下が全5試合の結果です。

◇4月4日(木)の結果

・トゥサン 5- 4 KT(チャムシル)

 勝:リンドブロム

 敗:クエバス

・SK 7- 6 ロッテ(インチョン)

 勝:ハ ジェフン

 敗:ユン ギルヒョン

・ハンファ 2- 1 LG(テジョン)

 勝:チョン ウラム

 敗:コ ウソク

・サムスン 12- 7 KIA(テグ)

 勝:キム デウ

 敗:ヤンヒョンジョン

・NC 5- 6 キウム(チャンウォン)

 勝:ブリガム

 敗:バトラー

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。