信じたら損! 40代、ネガティブな婚活情報を鵜呑みにして、まだ大事な時間を無駄にするのですか?

あなたの婚活は他の人とは違う。結婚している未来を望むなら、行動するのは今でしょ!(写真:アフロ)

少し前の、2013年の調査で興味深いものがありますので、ご紹介します。

実年齢と「自分が実年齢と比べてどうギャップがあるか」の意識を調査したものです。

・調査方法:IBJ運営の「ブライダルネット」で婚活中の、20~40代の未婚男女のうち、本人証明を提出している方の「実年齢」と「見た目年齢」の登録データから、「実年齢と見た目年齢のギャップ」を調査した。

・調査対象人数:男性7,691名、女性7,603名、合計15,294名

■見た目は「実年齢より若い」という男女、30代後半から急増。40代後半では全員が見た目の方が若いという傾向。

・見た目年齢、男女ともに30代後半から「実年齢よりも若い」と思う人数が急増。

・30代後半の女性はおおむね10人に9人が見た目年齢を実年齢より若いと認識。

・20代前半~30代前半の男性と、20代前半~20代後半の女性は、過半数が「見た目年齢」を「実年齢と同じ」と認識。

・男性は30代後半から、女性は30代前半から、過半数が「見た目年齢」が「実年齢より若い」と認識。

出典:IBJホームページより

グラフにすると、こうなるようです。

画像
画像

婚活総研

この調査によると、婚活する独身の40代は男女とも、ほとんどの方が「自分は実年齢より若く見える」と考えていることがわかります。

「婚活では若く見えても意味がない」? ネガティブな情報は、信じるだけ無駄で、損なのです

結婚相談をしていると、「私、若く見られるんです」とご自身でおっしゃる方もいらっしゃいますし、筆者から「若く見えますね~」と言わせていただく方もいらっしゃいます。

皆さん、確かにお若く見えます。

「40代の9割が自分は実年齢より若く見えると思っている」という調査結果は、決してうぬぼれでなく、事実だと感じています。

でも残念なことに、婚活サービスの多くは、結婚相談所や婚活サイトなどのようにプロフィールで年齢を開示していたり、婚活パーティーのように年齢の枠が設けられていたり。

若く見えることは、特に女性にとっては何のメリットにもなりません。

出会うまでは。

そうです。

「若く見える」ことが婚活でメリットにならないのは、あくまで、出会うまでの“期間限定”。

プロフィール上の実年齢がネックとなり、結婚相談所の場合はお見合いが組みにくいかもしれませんが、お見合いが成立していざ会うとなった場合は、若く見られることは有利に働くことが多いようです。

婚活サービスを利用しての出会いでも、出会った後は好きになって結婚される方がほとんどなわけです。

婚活の現場を見ていると、女性は実年齢より年上に見えるより、実年齢より若く見えるほうが、交際につながりやすいように思えます。

「厳しい」のは他の誰かの婚活。あなたは失敗する確率が低い婚活をすればいい。40代、もう迷っている時間はないのでは?

40代女性の婚活を「難しい」とか「厳しい」とか「若く見えても意味がない」とか、ネガティブに捉えて発信する記事などを目にすることも多いかと思います。

そういう記事を見かけたら、よーく読んでみてください。

書いてあるのは、婚活しているごくごく一部や、たった一人の方の体験談ではないですか?

婚活ナメてる? 現実を見ないタイプの40代だから? アジアン隅田さんの婚活ネタに苦言を呈します!で書かせていただいたとおり、アジアン隅田さんの婚活体験は隅田さんだけのもの。

隅田さんや、ある一部の方やたった一人が経験された婚活と、あなたの婚活は全くちがうものになるはずです。

運命的出会いなんて幻想! TOEICの点数よりも大事なものがある!~40代女性の婚活が失敗する理由で一部を書かせていただきましたが、婚活が失敗したりうまくいかないのは、それなりの理由があるからで、あなたはうまくいかない理由を回避し、うまくいく確率が高い方法で婚活すればいいのです。

結婚したいと思うなら、臆せず、ぜひ行動してください。

あなたの思い描いた未来が、結婚して誰かと生きる未来だとしたら、40代のあなたに迷っている時間はありません。

今の一歩が、将来あなたがたどりつく場所を決めるのですから。