バルサ退団を決断したマスチェラーノ。ゴールできずともバルセロニスタに愛された男。

PKで唯一の得点を記録したマスチェラーノ(写真:ロイター/アフロ)

記録より、記憶に残る選手だった。

ハビエル・マスチェラーノが、バルセロナ退団を決めた。今季エルネスト・バルベルデ監督の下でCBのレギュラーポジションを失っていたマスチェラーノだが、ついに7年半のバルセロナでの生活に終止符を打ち、新たな挑戦に向かう決意を固めている。

24日には公式会見を開き、「夢が終わりを迎えた」と涙ながらに語った。「以前の自分の姿ではない」。これまで同様、誠実に自身の現状を受け入れ、移籍が最善だと判断したのだ。

■グアルディオラの発案でコンバート

バルセロナは2010年夏に移籍金2400万ユーロ(約32億円)でリヴァプールからマスチェラーノを獲得。当初、マスチェラーノはアンカーの選手として考えられていた。

だがセルジ・ブスケッツを「あのポジションで世界一の選手」と言って憚らないマスチェラーノは、ジョゼップ・グアルディオラ監督に課された使命を果たしていくことになる。バルセロナでは、アンカーではなくセンターバックとしてプレーする。それがマスチェラーノに与えられたミッションだった。

ブスケッツのようにバルセロナのオートマティズムを理解しておらず、ヤヤ・トゥーレほどフィジカルに優れているわけでもない。アンカーとしてのデビュー戦で、当時昇格組だったエラクレスに本拠地カンプ・ノウで0-2と敗れたことも、不運だった。

■CBでの成功を確信した瞬間

変化のきっかけとなった試合がある。2010-11シーズンのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント第2戦のアーセナル戦だ。この試合でCB起用されたマスチェラーノはバルセロナを救うプレーを見せる。

アーセナルからリードを奪っていたバルセロナ(2試合合計スコア4-3)だが、終盤にピンチを迎えた。高い位置でボールを奪取したジャック・ウィルシャーが、二クラス・ベントナーにスルーパス。抜け出したベントナーが、GKビクトール・バルデスとの1対1に向かう。そこで懸命に戻ったマスチェラーノがスライディングでブロックして、バルセロナは失点を防いだ。

マスチェラーノのスライディングタックルで危機的状況から脱したバルセロナは、アーセナルを下した。そして、そのままCLで勝ち上がり、決勝でマンチェスター・ユナイテッドを沈めて優勝を成し遂げた。マスチェラーノ自身、あのプレーでCBでやっていけるという自信を得たと、のちに認めている。

■334試合出場18タイトル獲得で1得点

ただ、ゴールとは無縁の男だった。

マスチェラーノはバルセロナ移籍後、318試合(25788分間)無得点だった。それを打ち破ったのが、2016-17シーズン、4月26日に行われたリーガ第34節オサスナ戦(7-1)である。

5-1とバルセロナがゴールラッシュを記録していた試合で、デニス・スアレスがオサスナDFに倒されてPKを獲得すると、本拠地カンプ・ノウの観衆は「マスチェラーノ・コール」を鳴り響かせた。「渋々」といった様子でPKスポットに向かったマスチェラーノは、豪快なキックでゴール中央にシュートを放ち、ネットを揺らした。

バルセロナ在籍7年半で334試合に出場して18タイトルを獲得したマスチェラーノ。バルセロナでの唯一の得点が、あのPKだった。

■バルセロニスタの愛

それでも、バルセロニスタはマスチェラーノを愛していた。これほどまでに得点を記録せずに、バルセロニスモを鷲掴みにした選手は記憶にない。

「試合に定期的に出なければいけない。この数年、負傷が重なっている原因はそこにある」。マスチェラーノは昨年、母国メディアに心境を吐露していた。試合勘の鈍り、コンディションの悪化、調整の難しさ。多くの要因が重なり、気持ちは移籍に傾いた。

しかし、マスチェラーノの野心が潰えたわけではない。母国アルゼンチンで悲願のワールドカップ制覇をーー。Jefecito(ヘフェシート)、「ボス」の愛称で親しまれる男は、ロシアに転がるラストチャンスを見据えている。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    日本シリーズで「1イニングもリードされずに優勝」は1球団だけ。今年の福岡ソフトバンクもそうなる!?宇根夏樹11/24(火) 7:08
  2. 2
    沢村賞を受賞した中日・大野の「10完投」と「6完封」凄いのはどちらか?メジャーと比較して検証三尾圭11/24(火) 10:46
  3. 3
    「4勝0敗の日本シリーズ優勝」は、昨年の福岡ソフトバンクが8球団目。一方、0勝2敗からの優勝は9球団宇根夏樹11/24(火) 7:00
  4. 4
    「ボクサーにはわかるものです」アンドリュー・モロニーが物議を醸した無効試合を語る杉浦大介11/24(火) 9:00
  5. 5
    渋野日向子の世界ランク超えも射程圏内? 女子ゴルフ今季3勝の古江彩佳の実力と東京五輪出場の可能性金明昱11/24(火) 9:00
  6. 6
    マイク・タイソンの前座に出場するスラムダンク王者を、チャンプ田口良一が分析林壮一11/24(火) 0:01
  7. 7
    沢村賞・大野雄大の「完投力」に思う。先発完投型を目指すのは決して時代錯誤ではない。上原浩治11/24(火) 8:50
  8. 8
    元KBO本塁打王エリック・テームズを巡り日米韓3リーグで獲得競争が勃発か?!菊地慶剛11/24(火) 11:58
  9. 9
    「早慶戦」で早稲田大が70勝目!SO吉村らが戦略的なハイパントキックで勝利に導いた斉藤健仁11/24(火) 12:30
  10. 10
    激動の2020シーズン、なでしこリーグ1部を振り返る。得点女王争いを制したのは?松原渓11/24(火) 13:00