豪州・シドニー洪水も、北部は異常高温で山火事拡大

大雨と強風が襲った28日のシドニー(写真:ロイター/アフロ)

28日(水)オーストラリア南東部のシドニーで大雨と強風が発生し、1人が死亡、航空便に大幅な混乱が生じました。一方北東部のクイーンズランド州では、乾燥と記録的な高温が続いており、山火事が拡大しています。

シドニー周辺の大雨

オーストラリア気象局の衛星画像に筆者加筆
オーストラリア気象局の衛星画像に筆者加筆

28日(水)朝、低気圧と前線の影響でシドニーを含むニューサウスウェールズ州東部で大雨が降りました。シドニーの観測所では4時間で106ミリの雨が観測されました。これは11月の月間降水量に匹敵します。

この嵐により、車の衝突事故が起き1人が死亡、また救助作業をしていた警察官2人が倒木で重傷を負いました。またシドニー国際空港では3つある滑走路のうち2つが閉鎖され、多くの航空便に欠航または遅れが生じました。

クイーンズランド州の山火事

一方、北東部のクイーンズランド州では80件以上の山火事が発生しています。特にディープウォーターでは2万ヘクタールが焼失し、およそ1,000人が避難しています。

当局は山火事の危険度を、最も高い「壊滅的状態」と発表し、最大級の警戒を呼び掛けています。しかしながら家にとどまる人々も多いようです。

(↑一度に15,000リットルの水を運べるボーイング737も投入)

山火事の原因

この山火事の原因は、強風と乾燥、記録的な暑さです。

先月のクイーンズランド州の平均気温は、10月としては観測史上3番目に高い記録となりましたが、11月に入ってからはさらに暑さが加速しています。

今月26日(月)には、プロサーパインで気温が44.9℃まで上昇し、これまでの日最高気温記録である42.9℃(1995年)を2℃も上回ったほか、観光地ケアンズでも42.6℃まで上がって、これまでの日最高気温の記録40.5℃(1995年)を更新しました。

この熱波の影響で、コウモリの死骸が降ってくるという怪現象も伝えられており、当局は死体に触らないように注意を呼び掛けています。

今後の天気

今後の天気はどうでしょうか。

残念ながら山火事の広がりを抑えるような雨は、少なくとも今後一週間は期待できないようです。さらに、この時期の気温を5~10℃も上回る暑い日も予想されていて、火災の拡大が懸念されています。